<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふたご座の上弦の月


大きな夢を描いたら

その夢を誰かに伝えていこう


すると、夢は

どんどん自分の中で膨らむんだ


光をイメージしたら

あなたが光で溢れるように


夢を語れば

夢はあなたを満たして

いつのまにか目の前に起こることも

夢で満ちているんだ


d0060425_14514532.jpg


~2月23日17時08分、ふたご座で上弦の月を迎えます~



2月も下旬になりました。
3月も目前にして、もう春がすぐ近くまで来ていることを感じます。

先週、みずがめ座で迎えた後、水星、太陽もうお座に移り、
今日、上弦の月のチャートではうお座に4星が集合しています。

私たちは、みずがめ座新月の革新エネルギーを担いながらも、
冬の乾いた冷たい空気に、温かな春の湿り気が混じってきているような
そんな星の動きの中にいます。


さて、上弦の月は、ふたご座の月とうお座太陽のスクエア(90度)。
やぎ座土星が太陽とセクスタイル(60度)、月と150度。

うお座にある金星と海王星は寄り添うように同座しています。

イマジネーションの広がりを受けとめていきましょう。
そして、それを言葉に置き換えてみたり、人に話していくと
自分の胸の内にあるイメージがどんどん膨らんで
具現化しやすくなります。

他者との関係の中で、何かインスピレーションを得るかもしれません。
イメージを描くことであなたのなかに多様なものの見方が広がり
日常の中にいろんな発見が増えていくでしょう。


上弦の月は勢いよく光の増えていくときです。
夢や希望のイメージをたくさん増やしていってください。


~3月2日、おとめ座で満月を迎えます~


**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、


[PR]
by astroaroma | 2018-02-23 14:52

みずがめ座の新月~人生を変えるパワフルな日食~



喜びはどこにある?

幸せはいつ来るの?

誰が希望を運んできてくれる?


そんなふうに探しても、
見つけたいものはどこにもない

なぜなら、探しているものは
決して外側にないからだ。


花の立ち姿が美しいように

あなただってそのままで美しい

喜びも、
希望も、
幸せも、

そこにあるのだから。


d0060425_10390317.jpg




~2月16日、午前6時4分みずがめ座で新月が起こります~

1月31日のスペシャルな月食の後にやってくる、
今回のみずがめ座新月(日食)。

日本では見られない部分日食ですが、
今回迎える日食もパワフルです。

月食は感情面に影響すると言われ、
前回の月食前後から
怒り、不安、恐れ、悲しみなどの、たくさんの様々な感情の
トンネルを通過してきた方も多いかもしれません。

苦しく感じた方も多かったのではと思いますが、
多くの感情が浮上したことにより、
ご自身と向き合い、得られた気づきもあったかもしれませんね。

そのなかで、今後自分に必要ないもの、向かって行く方向などが
少しずつ見え始めているかもしれません。


今回の日食は、みずがめ座で起こる新月です。
食の影響は半年くらい続きます。

これまでに体験された感情の問題やご自身のテーマについて
これから半年のスパンで
打開策を導いてくれるでしょう。


新月チャートでは、
みずがめ座の太陽・月の新月部分に水星がコンジャンクション(0度)
で重なり、それ対して、おひつじ座の天王星がセクスタイル(60度)。

自分自身の変革を天王星も促進してくれる、「改革」に
パワフルなサポートが加わる新月です。

特に水星の象徴する「思考」に関しては、改革のチャンスです。


・過去から持ち越している思考グセ
・うまく行かない時の思考パターン
・必要のない思い込み

そんな思考パターンを
願いが叶い、もっと喜びと幸せに満ちた人生を生きていくための
思考に変換していく好機になるスタートのときです。

思考を変えれば人生が変わる、
そんな体験を楽しんでください。



<みずがめ座の新月に叶いやすい願いごとは・・・?>

みずがめ座は、12星座の中の11番目の星座です。

12星座はおひつじ座からおとめ座までが個人の成長、
てんびん座からうお座までが社会での成長段階を表します。

みずがめ座は、社会のルール、規範だけでは支えきれないもの
にフォーカスし、新しい在り方を模索していきます。
大きな客観性を持ち、自由な風を呼び込みます。


みずがめ座の支配星は天王星で、
革新、独立、突破、一部の破壊などを
します。

みずがめ座の象徴するテーマは、
自由、平等、友情、仲間、ネットワーク、
合理性、宇宙、通信技術、発明

などです。


みずがめ座の新月に叶いやすいテーマを、
新月の願いごとに取り入れてみてくださいね。


<みずがめ座新月に叶いやすいテーマ>

*願いの実現に向け、閃きや新しい発想が得られる
*停滞した人生に革命を起こす勇気を持つ
*自分と他者、双方に喜びをもたらす
*新しい変化や突然の経験にチャンスを見いだす
*自分らしさを大切にできる人間関係や友情を築く
*多様な考え方、広く高い視点を人生に取り入れる


本来のあなたに戻り、
生き生きと輝くあなたを生きたいなら

今、あなたの変えたいことは?
あなたのつくり変えたい未来のためにできることは?

みずがめ座の新月は、
そんな問いかけに大きなヒントをもたらします。


それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 2月16日、午前6時6分~11時43分まではボイドタイム
(ミスが起きやすい時間)と言われています。
願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

新月の願いごとは初めて!と言う方に・・・こちらをごらんください。


~上弦の月を2月23日、ふたご座で迎えます~

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、
[PR]
by astroaroma | 2018-02-15 11:09

さそり座で迎える下弦の月

予感はいつだって遠くから近づいてくる

それはかすかな感覚

空気に伝わる音の響き

太陽の光の色合い

心の中で変化する微細なカラー

キャッチできたら

それが合図

春の風を掴んで進もう



d0060425_20425102.jpg

~2月8日、午前5時34分、さそり座で下弦の月を迎えます~



1月31日、皆既日食;しし座新月は地球の影が月に映り、
次第に欠けていく姿、それも暗赤色のミステリーカラーが
印象的でした。

月食から1週間、次の新月(日食)に向かう途中、
下弦の月をさそり座で迎えます。

下弦の月は、さそり座の月とみずがめ座の太陽のスクエア(90度)。

さそり座の月のそばには木星があり、
みずがめ座の太陽は、水星と金星の中間に位置しています。

春に向かって開花していくこと、新しい流れの予感を、
さそり座の月が木星を携え、間口を広げて受けとめていく、

そんな感じの下弦の月です。

水がめ座の金星は、おひつじ座天王星とセクスタイル(60度)で、
少しの勇気と行動が恋愛を盛り上げて、
友情から恋に発展させそうな流れです。


意中の人がいる方は、バレンタインデーに向けての
アクションを起こし始めても良いかもしれません。

先週の満月から浮き彫りにされた自分の奥底の気持ち、自分軸、
その取捨選択を自分のハートと相談していきながら、
新しい未来への足掛けをしていきましょう。


今度迎えるみずがめ座の新月、日食は
またまたパワフルな始まりの力をサポートしてくれます。

未来に向けての理想、ビジョンを持って進みましょう。


~2月16日、みずがめ座で新月(日食)が起こります~


もう一つのブログ、星のメッセージ・レムリアンヒーリングで
セッションなどのご案内をしています。


[PR]
by astroaroma | 2018-02-07 20:43

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma
プロフィールを見る
画像一覧