気ままな星遊び

アストロロジカル・アロマセラピー

心を分かち合う、かに座満月



すうっと心に染みてくる

誰かの眼差し、誰かのことば。

受けとめてもらえることの喜び、

分かち合えることの尊さ。

心が通うって

お互いに愛が電流のように
流れることなんだ

心を打たれて
お互いの愛を知ることなんだ

d0060425_00140583.jpg















~2018年12月23日、午前2時48分、かに座で満月を迎えます~


年末まであと1週間余り。
今年起こる満月も今回が最後です。

今年最後の満月は、かに座の満月。

昨日太陽はやぎ座入りし、冬至を迎え、
その翌日の満月は、
やぎ座0度の太陽とかに座0度の月のオポジション(180度)。

サインの最初の度数は、そのサインの性質を純粋に押し出す
と言われ、今回の満月はそういう意味でとてもパワフル。

やぎ座もかに座も活動のサインと呼ばれ、
スタートする推進力を持っています。

月はかに座の支配星であり、これも重ねてパワフルです。

かに座のテーマは、共感、慈愛、育成などですが、
この満月には家族や親しい人など、自分にとって身近な人との
感情の分かち合いやお互いを労わるような気持ちの交流が
起こりやすいでしょう。

言葉をやりとりする単なるコミュニケーションではなく、
言葉の裏に込められた思い、その人全体から感じる感情を
キャッチしあい、心を通わせるタイミングです。

また、かに座は過去や記憶に関係し、
思い出を共有したり、年末に向けて家族や故郷への
ノスタルジーが募る人も多いかもしれません。

記憶の中から思いを引き出すことで、
それが新しく生まれ変わり、
これからの人生を切り開き支える力になっていくことも。

積極的に今年を振り返ったり、ふと思い出したことから
素敵な気づきがあるので、
過去からのメッセージを大切にしていきましょう。


さそり座金星とうお座海王星はトライン(120度)の調和角
を組み、ここでも人間関係に深く広い学びがありそうです。

故郷のご縁や家系的なご縁など、
自分のルーツに関係した人間関係も広がります。

満月から下弦の月は、新月からスタートしたことの
成果を受け取ると共に不要になったものを手放し始めるとき。

年末年始に重なっていくので、
1年を振り替えし手放すものを解放し、新しい流れを
迎え入れるような準備期間にもなっていきます。



~下弦の月は12月29日、てんびん座で迎えます~


☆もうひとつのブログはこちらから♡ セッションのご案内もしています。

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、
星のメッセージ・愛と生命力のヒーリング
良かったらご覧くださいね。




by astroaroma | 2018-12-22 00:21