深遠なる変容とやぎ座上弦の月



深遠な心の底に光が射し込んでいく

予感さえしなかったものが

今はかすかな感覚から

リアルに変わっていく


行き交う時間のなかに

それは少しずつ確かに近づく


それに気づいているなら

もうすべては変わり始めている




d0060425_22133733.jpg















~10月17日、午前3時01分、やぎ座で上弦の月を迎えます~


秋の深まりを感じる時期になりました。
てんびん座で迎えた新月から1週間、
やぎ座で上弦の月を迎えます。

この上弦の月の半月は、
てんびん座太陽とやぎ座月のスクエア(90度)。
月はやぎ座の冥王星と近くにあり、
冥王星の深く静かなバイブレーションを受け取っています。

社会や人との関係性において、
自分の豊かさや価値観を確かめるような機会があります。

そのことで、これまで気づかずにいたことが意識され、
その気づきが自分を深い部分から変えていくでしょう。
それは自分をより創造的に動かす力となっていきます。

さそり座を進む水星は、逆行中の金星と重なり、
みずがめ座の火星とスクエア(90度)、
うお座海王星とはトライン(120度)を作っています。

過去からの流れと未来に向かう流れの中、
出会うご縁、去るご縁が明確になるタイミングかも
しれません。
あるいは、自分の気持ちの中でも手放すもの、受け継ぎ
進めていくものがあるでしょう。

行き交うものが引き起こす感情の揺れは、
やがて落ち着き、
夢や理想に向かうエネルギーに変わっていきます。


上弦の月から満月の時間は、

次第に自分自身の変化を受け取りながら
情熱を向けるもの、抱く夢の輪郭を
感じていきましょう。


~10月25日、おうし座で満月を迎えます~




☆もうひとつのブログはこちらから♡ セッションのご案内もしています。

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、


[PR]
by astroaroma | 2018-10-16 22:17

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma