未来に向けての解放と浄化~みずがめ座満月(月食)~


自分を知り

自分を楽しんで表現し、生きていく

これが本当の私に戻ること


私の真実は誰の真実でもない

私の真実を生きることは

魂の自分に帰ること


それが至上の喜び

それが最高の幸せ


d0060425_21343406.jpg



















~2018年7月28日、午前5時20分、みずがめ座で満月が起こります~


7月13日、かに座新月の日食から、月は光を増し、
28日早朝に月食の満月を迎えます。

日食というパワフルな新月サイクルの中で迎える
月食のみずがめ座満月です。

満月は、23日にしし座入りした太陽と、みずがめ座の月の
オポジション(180度)。

月には火星が重なり、太陽ー月・火星という軸に
おうし座天王星がスクエア(90度)で、
Tスクエアという三角形を形成している

何かをびしっと革新していくようなインパクトがあります。

おうし座天王星にはやぎ座土星がトライン(120度)、
おとめ座金星とやぎ座冥王星がトライン(120度)と、
地の星座にある天体は調和的な関係です。

しし座にある水星は26日から逆行し、
6月末から逆行している火星、その他、土星、海王星、冥王星と
たくさんの天体が逆行中。

天体の逆行は、内面や過去の回復、癒し、取り戻し、
転換、に向き合うことに導かれます。


みずがめ座は、理想や未来ビジョン、グループを象徴し、
しし座は、自己表現、自己実現を象徴します。

自分の未来ビジョン向けて、自分自身を現実の中でどう表現し、
自己実現していくか、
理想=現実にするためのギャップを埋めていくには、
豊かさの概念や自分の基盤を作り変えていく必要があります。


自分の基盤を作り変える時には、
徹底的な自分の潜在意識に気づき、もう必要ないこだわりや
思い込み、過去からの傷、傷みを手放すことが求められます。

なぜなら、それが私たちの願いをブロックする原因と
なるからです。

この月食は、パワフルな満月の光で沈んでいた過去の傷や
思い込み、固着している感情、パターン化した思考などを
浮かび上がらせます。

そして、そこに意識が向いたとき、その解放、浄化が
始まります。

自分の真実は何か、
自分はどう在りたいか、
それに気づかされる出来事や気持ちの動揺が
起こりやすい時でもあります。

それはあなたが変わりたい自分に変わるための導きであり、
未来に向けての新しい価値観を生きていくための
自浄作用なのです。

気づきと解放したいもの、手放したいもの、
そしてあなたの中の真実にフォーカスしていきましょう。


起こる出来事から感じることに心をオープンにし、
信頼して受けとめていきましょう。


この満月(月食)は、自分の中にある真実と理想を調和し
統合するサポートをしてくれます。

これから先の扉を開けるための浄化、開放を後押しし、
あなたのよりクリアな真実を浮かび上がらせてくれます。

8月11日のしし座新月に向けて、
あなたのそぎ落としたいものを開放していくと、
あなたの真実を生きる流れに乗りやすくなります。

この月食前後にあなたが感じる感情を大切に
見つめてください。


~8月5日、下弦の月をおうし座で迎えます~


☆もうひとつのブログはこちらから♡ セッションのご案内もしています。

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、



[PR]
by astroaroma | 2018-07-25 21:38