大変容の時間の始まり~かに座新月(日食)~


どんなものもすべては動いていく、

止まっているものは何もない

流れる水のように


作り変えていく瞬間瞬間が

命を生きること


今日も新しい息吹を

吹き込もう



d0060425_22554766.jpg



















~2018年7月13日、午前11時47分、かに座で新月が起こります~


今回の新月は、部分日食
残念ながら日本では見られないそうですが、
それでも食はスペシャルな力を届けてくれます。

そして、
・7月13日(かに座新月/日食)
・7月28日(みずがめ座満月/月食)
・8月11日(しし座新月/日食)

と、これから、「食」が続きます。

日食、月食はパワーの大きな新月、満月と考えていただき、
だいたい次の「食」が起こるのは半年後です。
「食」の時期に始まったこと、テーマは半年から1年影響が
続くとも言われています。

大きな変容のテーマのスタートです!


〇今回のかに座新月(日食)のチャートは、

かに座の新月部分(太陽・月)と冥王星がオポジション(180度)で、
自分自身の基盤や家庭と社会的役割を表すハウスに。

・おとめ座に入った金星とおうし座天王星、やぎ座土星が
地のグランドトライン(正三角形)を形成。

・6月ごろから、何度か形成されている水のグランドトラインが、
かに座新月部分とさそり座木星、うお座海王星で形成。

・一方、不動のサインと言われる、
しし座水星とさそり座木星はスクエア(90度)、
おうし座天王星とみずがめ座火星がスクエア(90度)を形成。



これまでの家族や親しい人との関係や
自分の基盤となっていたものを、
自分の在り方、役割に生かすために根底から作り変えていく、
そんな変容のパワーが注がれます。


過去から積み上げてきたものを創り変えていくのは
やや大変な作業ですが、それは、
より安心した土台を築くために起こるプロセスです。

手放していくべきもの、クリアにしていくものが
明確になっていきそうです。

共感や心の交流がスムーズな時期ですから、
周囲の人と、この変容を分かち合って進むと
お互いに成長、学びがより促進していくでしょう。



<かに座のテーマ>

かに座は12星座の4番目の星座で、
心の帰る場所、感情を司る「月」が支配星です。

かに座のテーマは、
家庭、家族、基盤、安定、心の拠り所、感情、繊細、
帰属意識、共感、慈愛、プロセス、成長、親密さ、
育成、母親、食物、世話、過去
などです。


<かに座新月に叶いやすい願いごと>

・心の声に耳を傾け、大切にする
・安らぎと喜びを感じる時間を持つ
・家族や親しい人と、愛と学び、成長を分かち合える
・どんなときにも安心感を持ち続けられる
・すべての出来事から学び成長できる
・周囲を理解し共感することで、お互いに労わり、
協力し合える関係を築く
・自分のためにならない思い込みや過去の傷みを
解放する



パワフルな日食;
かに座の新月は、あなたの中から
不安を追い出し、安心してあなたの役割を
生きられるように導いてくれますよ



それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 7月13日午前11時49分~14日午前2時32分は
ボイドタイム(ミスが起きやすい時間)と言われています。
(今回は新月迎えてすぐボイドですね。見直しながら書きましょう)
願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

新月の願いごとは初めて!と言う方に・・・こちらをごらんください。


~上弦の月を7月20日、てんびん座で迎えます~




☆もうひとつのブログはこちらから♡ セッションのご案内もしています。

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、

[PR]
by astroaroma | 2018-07-11 23:00

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma