ブログトップ

やぎ座で迎える下弦の月


守りたいもののために進む、

そんなときもある


守るために闘う、

そんな闘いもある


大切なのは守るものがなんであるのかだ


それが真の愛ならば

最大にして最強のパワーになる




d0060425_00212183.jpg


~4月8日、16時17分、やぎ座で下弦の月を迎えます~


今回の下弦の月は、
やぎ座の月とおひつじ座太陽のスクエア(90度)で迎えます。

新しい未知の世界を進みたいおひつじ座太陽と
守りに入るやぎ座の葛藤という感じでしょうか。

やぎ座の月は、重なるようにある土星・火星と、冥王星の間に
挟まれ、
人物に喩えるなら、女性が長老、戦士、闇の支配者に囲まれ、
守られているような、緊張するような雰囲気です。

新しい世界に向かうなら、
ちゃんと足元固めてやることやりながら進もうね、

勇気や行動は目的に向かうパワフルなツール、
それを使えばミラクルな変容が起こるよ、

そんな声が聞こえてきそうです。


やぎ座の土星・火星に対しての
おうし座金星はトライン(120度)は、

行動し、形作っていくことで
豊かさをもっと受け取っていくよ。



チャート全体を見渡すと、地の星座が5つと優位です。

地の星座は感覚機能を象徴し、
実際性や実用性、物質的な豊かさを大切にします。

水星逆行も来週迎える新月の手前まで続きます。

過去の見直し、過去から受け取れる恩恵も含め、
春分を過ぎて進んできた流れとその成果を今一度吟味し、
実際に行動できることを確かめてやっていきましょう。

新月までにやり残したやれることをやっておくと
次のおひつじ座新月のサイクルに願うこと、始めることが
具体化してきます。




~4月16日、おひつじ座で新月が起こります~




<☆もうひとつのブログはこちらから♡ セッションのご案内もしています。>

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、

[PR]
by astroaroma | 2018-04-07 00:24