2018年に大きく飛躍!いて座の新月

新しい扉を開くとき

怖れを抱かない人はいない

ドキドキの不安とワクワクの希望と

誰もが両方の思いを抱えている


進んでみなければ分からない

未知の世界を体験できるのは

一歩踏み出した者だけだ


怖がってもいい
心配してもいい

でも喜びやワクワクが
そこにあることも確かなのだ

自分を信じて
すべてを信頼に委ねて

さあ、扉を開けて進もう


d0060425_13174276.jpg





~12月18日、15時30分、いて座で新月を迎えます~

いよいよ今年最後の新月です。
このいて座新月のサイクルは2017年から2018年を大きく
越えていきます。

新月チャートは、いて座に水星、金星、太陽、月、土星と
5星が集まり、
新月部分の太陽・月は、おひつじ座天王星とトライン(120度)
の調和角です。

火の星座に6星と、火が強調される新月ですが、
新月後、20日に土星が、22日に太陽が、25日には金星がやぎ座へと
足早に火から地の星座へと色合いが変わっていきます。

ガツンと火のパワーが効いた今年最後の新月であり、
約2年半ぶりに星座を移動する土星が、いて座の終わりの度数にある
この新月は、
新しい扉を開く直前の期待と不安が入り混じる時間に、
最後の目覚めと踏み出す勇気を後押ししてくれます。


今年だけではなく、過去2~3年をも浄化の炎でクリアにし、
過去から未来に続く大きな流れを、
「今」という場所から、遠く広い眼差しで見渡すタイミングです。

いて座を象徴するキーワード、情熱、冒険、挑戦。
このキーワードから、
あなたの過去から未来を見渡してみてください。

今年、繰り返し問われてきた、
・あなたの真実は?
・あなたの情熱は?

ハートに今、もう一度問いかけてください。
あなたの直感を信頼してください。
それが、あなたの心からの願いを目覚めさせます。

2018年は、地の星座が優勢になり、
着実に自分の願いを形にしていく時間に入ります。

今、あなたが確かめる、
自分の中の真実、情熱、
ハートの声、本当の願い、

それらは力強い原動力としての支えとなり、
2018年を進むパワーになっていくでしょう。




<今回迎えるいて座の新月に叶いやすい願いごとは・・・?>

いて座は、12星座の中の9番目の星座です。

12星座はおひつじ座からおとめ座までが個人の成長、
てんびん座からうお座までが社会での成長段階を表します。

いて座は、他者との融合で変容するさそり座の深い世界を越え、
さらなる理想を求め、情熱的に大きく外に飛び出します。
旅、精神的な成長を象徴します。


いて座の支配星は木星で、
成長、拡大などを
します。

いて座の象徴するテーマは、
遠い旅、外国、冒険、挑戦、宗教、哲学、理想、自由、
寛容さ、実直、素直、法律、普遍性、真実の探求

などです。


いて座の新月に叶いやすいテーマを、
新月の願いごとに取り入れてみてくださいね。


<いて座新月に叶いやすいテーマ>

*自分の真実、情熱を持って生きる
*直感に身を委ね、進むべき道を開く
*自分の人生を自由に生きる喜びを味わう
*あらゆることが最善に進んでいることを信頼する
*精神的な成長を助ける学びをする
*自分の制限を超え、可能性を広げる

いて座の新月は、捉われた枠を外し、あなたをもっと自由な世界に、
あなたの無限の可能性の広がりに、恐れず飛び出す勇気と情熱を
くれますよ。


それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 12月18日、22時11分~22日35分まではボイドタイム
(ミスが起きやすい時間)と言われています。
願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

新月の願いごとは初めて!と言う方に・・・こちらをごらんください。


~上弦の月を11月27日、うお座で迎えます~


**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログで、
セッションのご案内などもしています。
  良かったら覗いてみてください。



[PR]
by astroaroma | 2017-12-17 13:18