気ままな星遊び

アストロロジカル・アロマセラピー

おうし座の満月


夜の海

浮かんだお月さま

ゆらりゆらり

波間に揺れる


はじけるしずく

銀色に染められて

暗い海に降りていく


それは美しい

小さな光の粒となって

海の底に着地する


いくつもいくつも

光の粒が降り立って

そこは光の海になる



d0060425_23242616.jpg

~11月4日、14時23分、おうし座で満月を迎えます~


凛と冷ややかな空気に、月の光が清らかに輝く季節ですね。

11月4日の満月は、
さそり座の太陽とおうし座の月のオポジション(180度)。
太陽の近くには木星があり、太陽の光をまろやかに優しく
広げてくれています。

月はおうし座で心地の良い場所にあり、
太陽ー月に対し、うお座の海王星は調停の位置にあります。

今回の満月は、水と地の要素でつくられ、

夢の中で、密やかな場所に置かれていた感情をすうっと染み入るように
自分の中に受け入れるような、優しく受け取らせてくれるような、
そんな雰囲気です。

探していたものが見つかるのかもしれません。
深い気づきが訪れるのかもしれません。

それが自分の一部であることを受け入れたとき、
自分が何者であるのかを再確認するのかもしれません。
自己価値を再発見することもあるでしょう。


また、さそり座とおうし座の軸は、お金や経済、自他の所有を表します。
自他を超えた豊かさを私たちは様々な形で享受し共有しています。

自然もそうですし、分かち合いというような心のつながりも
個の境界を越えた豊かさです。
所有することのこだわりを超えたところにある豊かさを
もう一度思い出させてくれる満月の光です。


満月のチャートでは、
もう一つ、おひつじ座天王星とてんびん座金星の180度に、いて座土星が
調停の位置にあり、こちらは火と風で形づくられています。

人間関係の変化が新しい流れを作り、目指す方向へと後押しして
くれそうです。


満月の優しい光を受け取りながら、
自分の価値や豊かさを思い出していきましょう。



**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログで、
セッションのご案内などもしています。
  良かったら覗いてみてください。



[PR]
by astroaroma | 2017-11-03 23:28