てんびん座で迎える上弦の月



心を澄ましたら

何でも見える

何でも聞こえるのに


どうしたら

いつもクリアにしておくことが

できるのだろう


何もかもに

立ち入られるのが怖くて

閉めてしまったハートのドアからは


何も入ってこない

何も出ていくことができない


あるとき、心のなかは

たくさんの感情で

ぱつんぱつんになって


叫び始め

泣きわめいた


途方にくれたとき


愛と、勇気と、情熱が

ハートをノックした


勇気がドアを開け、

飛び出した感情を愛が抱いた


空いたハートのスペースに

情熱が飛び込み

再びハートは熱く動き始めた


d0060425_22575761.jpg




~7月1日、午前9時51分、てんびん座で上弦の月を迎えます~


7月、いよいよ2017年後半のスタートです。

始める勢い、推進力のある活動宮が7つという形で迎えた新月から、
迎える上弦の月のチャートも、
かに座に太陽・火星・水星、てんびん座に月・木星、やぎ座に冥王星、
おひつじ座に天王星、と、いまだ活動宮の勢いは衰えず、
といったところでしょうか。

満月前、7月6日に水星がかに座からしし座に抜けていきますが、
それまでは、かに座水星と火星は近い位置に在り、やぎ座の冥王星と180度。
感情のバクハツや、潜在意識の噴出が起こっていきそうです。

集団意識を超越した、個人の創造性を開くことにもつながります。
それを悪いこととは捉えずに、感情の動いた背景や深い意識に
気づいていきましょう。

信頼できる人に、自分の内面を語ること、表現することで、
内側に溜まったクリアにすべきことが解放されていき、
それが内なる自分の癒しになります。


てんびん座にある木星が、うお座の海王星と150度のピークを作っていきますが、
他者に振る舞う外向けの自分(理想)と、自分の持ち味や才能(素のままの自分)が、
意外な融合を見せ、それが社会の中で生かされたり、認められることも。

満月に向け、自分の感情と向き合い、内面をクリアにしていくことと並行して、
自分の持ち味や才能などを再認識していくと良いですね。


~満月は、7月9日にやぎ座で起こります~


上弦の月から満月にかけては、希望が膨らみ、活力がみなぎってくるタイミング。
皆さまの願いが少しずつ形になっていきますように。

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログで、
  セッションのご案内などもしています。
  良かったら覗いてみてください。


[PR]
by astroaroma | 2017-06-30 23:07

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma