下弦の月(しし座)

木々の葉が色を染めると
いつのまにか
心が引き込まれていくd0060425_21494058.jpg



息を呑むような
真っ赤な葉に
枯れて散る間際の
いのちの炎を見るような気がして



燃えるような激しさ
染み入るような輝き



私はただそのなかに佇む



~11月21日17時33分、しし座で下弦の月を迎えました~


各地で紅葉のシーズンを迎えるころとなりました。
鮮やかな秋色に、はっと心の眼が開くような思いです。

下弦の月から次回の新月までは、前回の新月から進んできたものごとを
整理し、不要なものを手放し、新しいスタートの準備をしていくタイミング。

先週20日からうお座を逆行していた海王星は、順行に戻りました。
太陽は22日にいて座に入り、水星、金星、土星、と4つの天体がいて座に集合するなか、
11月29日の新月をいて座で迎えます。
火の星座であるいて座に集合している天体と、
風の星座:みずがめ座の火星、てんびん座の木星が調和角で関わっており、
インスピレーションが冴えていきそうなこの期間です。

今までの自分の枠を超えてチャレンジしたいこと、広げてみたいことなどが
あったら、夢見るだけではなく、情報を集めたり、周囲の人に話したりしてみましょう。
何かふっと舞い込んでくるメッセージがあるかもしれません。

新月に向けて意識を高めていきましょう。


~今度の新月は11月29日21時18分、いて座で起こります~

[PR]
by astroaroma | 2016-11-21 21:59