下弦の月

時には踏み出す足が止まることがある
見えていた景色が急に色あせることがある

そんなときは心の声を聴く時なのだ
ただ静かに耳を傾けよう

風の流れ 木々のざわめき 空気の温度
時間の色 吸う息の透明感

何かに追われ
何かに焦り

心の、身体の、感じることを
どこかに置き忘れてしまったとき

流れのなかに取り残される

だからまた感じればいい
そうすれば 心は語り始める
世界は輝き始める





下弦の月をおうし座で迎え、月は次の新月に向かい欠けていきます。
この期間は、これまでのできごとを整理し、不要なものを手放し
次の新しいサイクルに向けての準備期間
です。
新月の願いごと、具現化したこと、うまくいかなかったこと、
振り返ってみましょう。
次の新月にさあ、今度は何を願いましょう。

31日にはしし座を運行していた水星が乙女座へ。
熱く自分を表現したい空気感が、少し冷静に、客観的な視点を持って
物事を見ていく空気感に変わっていきます。
ちょっとここまでのことを整理しておこう、まとめておこう、
ということがある方には良いタイミング
です。

~次の新月は8月3日、しし座で起こります~

[PR]
by astroaroma | 2016-07-27 08:00

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma