蠍座の新月

ひとしずく、またひとしずく、
一粒ずつの小さな水滴が 少しずつ溜まって いつしかそれは深い色の湖になる
何者が棲むのか 誰も知らない 神秘に満ちる


何かを見つけたくて、何かを探そうとして手をのばしていたら、
1つ1ついろんなメッセージが、自分の周囲にあふれていることに気づきます。
メッセージを受け取り、たどっていたある日、
自分をとりまく世界や、そして自分自身が、
大きな成長を遂げ、変わっていることに気づくことがあります。
メッセージは、友達からの言葉だったり、雑誌の記事の一文や、偶然街で見かけた
キャッチコピーだったり、
今朝見た夢、自分が無意識に繰り返していた言葉だったりするかもしれません。
時には、自分の意識の裏側をのぞいてみませんか?
ひょっとしたら、あなた自身が知らなかった
隠されていた自分の素顔に出会えるかもしれません。

今度の新月は、11月2日午前10時25分、蠍座で起こります。

蠍座は、牡羊座から数えて8番目の星座になります。
天秤座が“社会にデビューして人間関係を広げていく”というテーマを持っていることは
以前お話しました。“パートナーシップ”もキーワードでしたね。

天秤座の1つ先の星座である蠍座は、さらにその“人間関係”を深めていきます。
相手とのより深い関わりを結んでいくのです。
より深い関わり―そう、それは逃れられない関係・事柄でもあります。
私たちは、恋人や結婚の相手などを通して、あるいは運命を共にするような相手との間で、
もしくは根こそぎ人生を変えてしまうような大きな出来事などを通じて、
しばしばこのような深い経験をすることがあります。
そのとき、何が起こるのか―それは“死と変容”です。
相手と一体化するには、自分をも殺さなければなりません。
そして自分自身を一旦殺して、相手とともに生まれ変わるのです。
死を迎えたものは、ある意味において新しく生まれ変わる―
このような意味で“死と再生”とも言われます。
また、“SEX”がよく、蠍座のテーマとして取り上げられますが、SEXもお互いが
溶け合い融合するという意味において、一種の“死と変容”なのです。

蠍座の支配星は、中世までは火星とされ、現代では冥王星だと言われています。
中世では、蠍の持つ毒の針が“死”を象徴し、死を扱う神として火星(マルス)が
結び付けられていました。このような考え方は、もちろん現代にも残っています。
冥王星は、現代の占星術で主に使用される10個の惑星の中では1番外側にあり、
私たちの意志ではコントロールできない圧倒的なパワーを持つ惑星とされています。
もっとも、普段の生活では意識されにくい、私たち個人というよりも、
もっと深いところの人類の深層心理に影響を与えていると言われています。
深い無意識、人生の隠された部分、圧倒的な力により物事を変えてしまう力、
個人を超越したもの、それが冥王星に象徴されるキーワードです。

さて、この蠍座の新月にはどんなお願いごとが叶いやすいのでしょう。
上記に触れたテーマも含め、キーワードを挙げると、
変容・変化・復活・危機管理能力・SEX・心理・秘密・絆・財務管理・権力・嫉妬
などです。
<願いごとの例>
・○○の分野での変化に、不安を感じることなく、うまく対応できますように
・○○さんとの関係を復活させ、互いに尊重しあえる関係になれますように
・ストレスや危機的状況を自分で作り出すくせをキッパリなくせますように
・パートナーとのセックスをもっと楽しめるようになりたい
・○○との間に、深い愛情の絆が育ちますように
・嫉妬心がすべて消えてなくなりますように
・いい形で借金を清算していくために着々と行動できる私になあれ
・○○に対する罪悪感が簡単に、完全になくなりますように
・幸福な未来に向かうために必要な変化に対応できる強さを私に与えてください
・よいカウンセラーに出会い、自分に必要なカウンセリングが受けられますように

蠍座は性病・性器・膀胱・月経に関することをも支配します。
これらの不調の改善や健康を促進する願いごとも良いでしょう。

 *本当の自分を見つけたい
 *隠れた才能を開花させたい
 *別れた彼との関係をいい形で復活させたい
 *秘密の恋を叶えたい
あなたの秘めた思いを願いごとのリストに入れてみてもよいかもしれませんね。

さて、11月17日はボジョレー・ヌーボーの解禁日。
ワインレッドも蠍座のカラーです。
11月16日の満月が過ぎて、
新月に願ったことの恵みを受けながら、ボジョレーを堪能できたら最高ですね。

それでは最後に、
・願いごとは新月が起こってから8時間以内に(無理なら48時間以内に)
・2つ以上9つまで
・叶うと信じて手書きで書くこと

12月の新月は・・・
 *12月2日  射手座
 *12月31日 山羊座  で起こります。

来月は、もう1年の終わり・・時は足早に過ぎていきますね。
それでは、また。
                  
[PR]
by astroaroma | 2005-11-01 00:10

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma