9月の新月

思いっきりはしゃいだときが過ぎて、ふと気づいたらスーツ姿で通勤しているいつもの私がいた・

8月もそろそろ終わりに近づいてきました。残暑は続いていますが、いつのまにか朝夕は涼しい風を感じるようになってきました。
暑く照りつけていた太陽もこれからは少しずつ柔らかい日差しに変わっていくことでしょう。
こうして季節は華やかな夏から、しっとりした秋に移っていきます。
先日から月がかに座に入りましたが、そのためかお天気のほうも次第に崩れ、
気づいたら雨の夜となっていました。
(月が水の星座に入るとお天気は雨が多いと言われています)
明日夕方には月は獅子座に移り、土曜日の夕方には乙女座へと進んでいきます。
1、2日は夏日が戻ってくるかもしれませんね。(何といっても獅子座の支配星は太陽ですから、晴天率高し!です)

太陽は8月下旬に獅子座から乙女座に入っています。そして3日の夕方に月が乙女座入り。
      9月4日(日)午前3時46分に乙女座で新月が起こります  
さて、9月は乙女座で新月を迎えます。獅子座は「自己表現」「創造」の星座でしたが、その後に
来る乙女座は?
乙女・・・というと清楚で貞淑なイメージですね。
乙女座は牡羊座から数えて6番目の星座にあたります。12星座のはじめの6星座は
個人の能力の発達に関係するといわれ、後の6星座は社会的なつながりを発展させていく
という意味があると言われています。
いわば、乙女座は個人の発達の最後の仕上げの星座ということになります。次にくる天秤座で
社会に出て行くわけですから、社会にデビューするための怠りない準備を必要とするのです。
デビューのためには、学んできたことの仕上げや、社会人としての規律・見識、他人への気遣い、物事の分析能力、それから自己の健康管理、なんてことも大切ですね。
このような乙女座のキーワードとしては、
 訓練、義務、労働、仕事、奉仕、秩序、完璧主義、健康などがあげられます。
これらを願いごとに取り入れてみるのも良いですね。
それでは早速、乙女座の新月の願いごとの例をあげてみましょう。
<例>
   ・健康で規則正しい生活ができる私になりたい
   ・甘いものを採りすぎないよう誘惑に勝てるようになりますように
   ・能力を最大限に発揮できる仕事に就けますように
   ・約束に遅れる癖を完全に治したい
   ・部屋を片付けられない自分はいなくなり、整理上手になれますように
   ・自分の人生に何が重要で何が不要なのかを見極められる自分になりたい
   ・いつでも他者のために行動できる自分でありたい
   ・自分と他者を厳しく批判することのない私になれますように
   ・誰かのせいにしたり、悪口を言ったりすることがなくなりますように
   ・いつでも正しくありたいという強迫観念がなくなりますように
  *乙女座は、大腸、便秘・下痢、消化吸収などもつかさどります。これらを回復させたりする
   願いごともよいでしょう。

 調子に乗って飲んで騒いでハメをはずした前の晩。
朝起きてみたら二日酔い・・思い出される昨夜の失態・・うう反省 
 

 というのが、獅子座から乙女座に移った感じです・・・
獅子座で思いっきりやったことを、自分をよく見つめて内省するのが乙女座であります。
(たま~に、二日酔いになった朝、よくこれを考えます)
自己表現することも、自己内省することも両方大切なのですよね。

それでは、9月4日はどうか素敵な願いごとをしてみてくださいね。
最後に・・・*願いごとは2つ以上9こまで。
       *できれば新月が起きてから8時間以内に(無理なら48時間)
       *叶うと信じて手書きで書くこと

~~次回の新月は10月3日天秤座で起こります~~
 
[PR]
by astroaroma | 2005-08-30 23:25

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma