8月の新月

8月の新月
 
 7月中旬の梅雨明けとともに、暑い夏がやってきました。
照りつける太陽、待望の夏休み・・・海水浴にプール、夏山登山、子どもたちのはしゃぐ声、
まさにバカンスのシーズン。
それから、花火大会、避暑地への旅行、ひと夏の恋・・なんてロマンスの季節でもあります。
 さて、太陽の公転周期は約1年ですが、この間に太陽は占星術上の12星座を一巡していきます。
7月下旬より太陽は獅子座を運行中です。
 ‘獅子座’にみなさまはどんなイメージを持っていますか?
獅子に百獣の王、という言葉を当てはめるなら、雄雄しく猛々しいイメージです。
神話の世界では、英雄ヘラクレスが戦った化け物であるライオンということになっていますが、
この獅子と獅子を倒した英雄が一体化され、獅子座のイメージを象徴しています。
獅子の荒々しさ、力強さ、激しさ、強い生命力、そしてそれを倒した英雄の存在の誇示・・・
それらが獅子座のシンボルとなっています。
獅子座のテーマは、人生の中でどれだけ自分の存在を誇示できるか、ドラマチックに演出できるか、ということなのです。
そのようなことから、表現、演出、創造性、可能性、恋愛、ロマンス、遊び、子どもなどが
キーワードとなります。
そして獅子座の支配星(守護星)は太陽!
占星術で使う惑星は10個ありますが、このうち自らが光を放って輝く(恒星)は太陽だけです。
自分から光り輝く・・・まさに獅子座にピッタリの、そして獅子座はまさに夏の星座ですね。
 
 さあ、いよいよ、本題です。先月、新月は蟹座で起こりました。
今月の新月は8月5日12:05に獅子座で起こります。
上記でご紹介してきましたが、今回の新月では獅子座のキーワードに関係するお願いごとを
盛り込んでみましょう。
<お願いごとの例>
・新たな恋の相手がわたしの前に現れ、健全で幸せな交際ができますように
・子どものように毎日を新鮮に感じられるようになあれ
・○○(名前)との関係が、自然に、楽しい恋愛へと発展しますように
・周囲からの評価を気にせず、自由に想像力を発揮できる私でありますように
・生きる喜びを日々感じられるような日常が戻ってきますように
・自己破壊的な傾向が知らない間に消え去ってしまいますように
・全ての人に寛大でありたい
・日常生活の中で楽しいことをたくさん発見したい
・人生をもっと積極的に楽しめるようになりたい
・何事にも自信を持って臨める私でありたい
・人に頼らず、リーダーシップを発揮できる私になりたい
・自分のためにならない自己中心やわがままが知らないうちになくなるように
・あらゆる傲慢さがなくなりますように
*獅子座は心臓、背中、炎症などの身体部位、症状を支配します。
 これらの症状を緩和したり、治癒を促進したりする願いごともよいでしょう。

いつも自分をうまく表現できない、
変なプライドが捨てられない、
失恋しちゃって新しい恋をみつけたい、
夏の旅行盛り上がるといいな、
彼との仲をもっと進展させたい、
ドラマチックな夏にしたい、

などなど、あなたの人生を盛り上げるのにきっと今月の新月は味方になってくれるはず。
ささやかに、でも燃える思いで新月のお願いごとをしてみてくださいな。
それではみなさま、どうか素敵な夏を!

最後に・・・
ねがいごとは2つ以上9つまで。
新月が起こってからできれば8時間以内(できなければ48時間以内に)
叶うと信じて紙に手書きで書いてくださいね。

**次回の新月は、9月4日乙女座で起こります**
[PR]
by astroaroma | 2005-08-01 22:13

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma