魚座の月に想うこと

つれづれ独りごと・・・
昨日から月は魚座を運行中です。魚座の月の日は天候も不安定になることも多く、お天気がぐずつくこともしばしばですが、今日は真夏のような日でしたね。
蒸し暑く、まだ梅雨のさなかとは思えません・・でもなんだか季節にそぐわないこの怪しさが魚座っぽいといえばそうなのかもしれません。
占星術に興味をもたれている方は、魚座がどんな星座かご存知かもしれません。
海王星を支配星(守護星)に持つ魚座・・夢、ロマン、幻想、慈愛、そんなキーワードが浮かんできます。
そして魚座は牡羊座から数えて12番目の星座、12星座の最後の星座でもあります。12星座は実は1番目の牡羊座から始まってそれぞれのテーマを持っています。牡羊座が生まれた瞬間を表わすなら、魚座は生きてきた魂を無に戻していくと言われています。

先週末、ずっと長らく行っていなかった焼き鳥やに足を運びました。
おじさんたちで賑わう地元の一杯飲み屋です。いろんな国籍のお兄さんたちが陽気に働いている活気あるお店です。
その日も店は大勢の人で賑わっていました。いつもはカウンターを案内されるのですが、そこも
いっぱいでしたから、テーブル席に他の方と相席でした。
同じテーブルで飲んでいた若い男性とおじさまは共に同じ職場らしく、時々酔ったおじさまの叱咤激励も飛んでいます。
こういう場所ですから、ついつい知らない人とも話を交わす状況となり、私はいつのまにかそのおじさまと真剣な?話を・・・
その方は福祉関係の仕事をされていて、医療従事者への憤りを熱く語っていました。
「同じ人間なのにいつでも奴らは患者や障害者はクライアントなんだ!」「偉そうに指導ばかりしている!」
私も実は医療に近いところの仕事をしているので、耳の痛い、心苦しい話でした。
皆さんも病院などで、医者や看護師などの医療従事者の態度に憤りを感じたことがあるかもしれませんね・・

今日、私はある年配の方の精神科の入院に付き添いました。それも本人が納得していない入院です。複雑な事情があってご本人には詳細を話さず、家族が承諾して入院させるという状況です。精神科の入院にはしばしばこういう形態をとらざるを得ないことがあります。
時々、私にはこういう心苦しい仕事が巡ってきます。
一番辛かったのは、納得しないご本人に対して、あまりにも淡々と入院の手続きを進めていく
病院スタッフを目のあたりにしたことでした。
システムとして手続きをとっていくのは病院としては当たり前のことですが、
もう少し愛があってもいいのではないかしら?
ほんの少しの思いやり、ほんの少しのやさしさだけで患者さんも家族もホッとするのですから。
先週の焼き鳥やでの胸の苦しさを再び思い出しました・・・

12星座は牡羊座を先頭として、人間の成長に似たテーマを持って星座を巡っていきます。
個人の成長を通過して社会の中での役割を構築していきます。社会的地位の確立が山羊座と言われ、実は社会の完成というものは山羊座で一区切りを迎えます。
しかし、完成された社会と言うのは、ひずみもあり、これを一部改革してよりよいシステムを考えていくのが水瓶座の役割なのです。けれどこれでも完璧にはなりえません。
改革が進めば、逆行してこぼれおちていくものがあるのです。それは人の感情や気持ち、心です。
それを救うのが魚座のテーマ、なのです。
・・・・・・しみじみ、愛って大切ですよね。

12星座のテーマは私たちの生活のどの場面にも見ることができます。
そしてどれか1つだけが働けば調和がとれるわけではなく、12の要素やテーマがうまくかみあって調和がとれていくのですね。

今晩は魚座の月夜・・・電気の光より、キャンドルの炎が似合う夜です。
パーティをするのだったら、仮面舞踏会というところでしょうか。
魚座の月の日には、たっぷり睡眠をとるのもおすすめ。
なんと言っても魚座は夢といいお友だちですから!
きっと夢から素敵なインスピレーションが得られますよ。
それでは、おやすみなさい・・・・
[PR]
by astroaroma | 2005-06-28 00:21

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma