私たちの意識は目覚め

真実が何であるかを思い出す

私たちは何をするために

今ここにいるのかに気づく

体験することすべてが学びであり d0060425_21243362.jpg


愛から感じ、愛から動くことで

すべては喜びと祝福に満ちる

愛に満ちた光が降り注ぎ

光り輝く愛の中で

穏やかに平和に調和して

私たちはただ愛に生きる



~2016年12月29日、15時53分、やぎ座で新月が起こります~

早いもので、今年も最後の新月を迎える時がやってきました。
あなたの2016年はどんな年でしたか?

体験はそれぞれその人のものであり、比較できるものではありませんが、
私たちはつい他の人と比べて自分の生活や生き方、持っている物、起こってくることを
考えてしまいがちです。
他の人の人生が豊かに見えたり、自分だけがうまくいかない・・なんて考えたり。
けれど、起こることに善悪はなく「体験する」ことを通じて、私たちがどれだけ
成長していけるかということに意味がある
のではないでしょうか。

もし、とても幸せな誰かを見たり、素晴らしい成功の体験を耳にしたら、「羨ましい~!」
と思うのではなく、私にも幸せが近づいてきているサインと、とらえてみましょう。
事実、自分に起こることは誰かの口を伝わってとか、ふと目にした光景、耳にした言葉が
メッセージとしてやってくることが多いのです。

自分や他者を責めたり、落胆したり、不安になるよりも先に、もう一度心を落ち着けて、
あなたの直感、感覚を研ぎ澄ましてみましょう。
心を緩め、ニュートラルにすることで、ふわっと幸せが入り込んでくるものです。

もし、うまくいかないことや嫌なことがあったら・・・
一瞬考えることを止めて、目をつぶって大きな深呼吸を2~3回。
あなたの身体の感覚、湧きあがってくる感情、どんなものでしょう?
目を開けて視界にはいったもの、耳を澄まして飛び込んできた音や言葉、
何かの香り、どんなことでしょう?感覚に集中してみてください。
ふわりと入ってきたもの、突然のひらめき、そんなものを感じるかもしれません。
あなた自身の感覚を大切にして、ぜひたくさんのメッセージをキャッチしてみてください。
どんなに頭を捻って考えたことより格段に冴えていて、あっという間に
すべての流れがうまく進んでいきますよ。


さて、今回の新月は、
*やぎ座の太陽・月に水星が重なるように近くにいます。
それに対し、うお座の海王星・火星が60度。
*そして、前回の下弦の月あたりから、おひつじ座の天王星とてんびん座の木星の180度に、いて座の土星が天王星に120度、木星に60度という位置にあり、「調停」という三角形を作っています。

やぎ座の新月、やぎ座の水星はものごとを具現化するために計画的かつ精力的に働きます
が、夢やイマジネーションを広げてくれるうお座と調和角ですから、
この年末~年始は、ぜひ自分の願い、希望、夢を見つめ、具体的な計画を立てるのに
とても良いタイミングです。
また、水星がやぎ座を逆行中ですから、過去を振り返りながら見えてくること、記憶の中か
ら夢や希望を思い出したり、懐かしい人との再会から何か新しい年に着手したいことの閃
きが得られるかもしれませんね。

天王星・木星180度に対する、いて座土星はこの年末に調停の角度をピークに新しい年に
入っていきます。自他の中でもたらされる新しい意識革命が進んでいきます。
その私たち一人一人に起こる意識の改革こそが、来年12月、土星がやぎ座に移動後に起こ
っていくであろう今ある社会を理想に向けて再構築する源となっていきそうです。

年始には、1月3日に金星がうお座に、水星がいて座に動きます。
ハートを開いて、出会う人、一緒にいる人と心が通じ合う交流ができそうです。
音楽や映画鑑賞、芸術にふれることで心がより豊かに満たされていきます。
11月ごろに起きたできごとのリベンジもできるかも?

<今回の新月のテーマ>
*計画を立てる
*時間を上手に活用する
*自分を磨き続ける
*チャンスを生かす
*成功を信じる

それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 12月30日17時08分~31日10時30分まではボイドタイム(ミスが起きやすい時間)と言われています。願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

~2017年最初の新月は1月28日みずがめ座で起こります~

2016年、今年はこのブログを再開することができました。
読んでくださった皆さまに心から感謝いたします。
2017年が皆さまにとって、喜びと祝福に満ちた素敵な日々となりますように。
[PR]
# by astroaroma | 2016-12-28 21:05

冬至と下弦の月

大切なものを見失ったとき

ただ内なる静寂を聞く


じっと眠るように時を待てば

深く深く底に沈んでいったものが

少しずつ浮かび上がる


かすかな息吹が

やがて自分に還る瞬間に

心を澄ませる




d0060425_9345141.jpg



12月21日、2016年の冬至を迎えました。
秋から少しずつ日が短くなり、今日の日を境に少しずつ日が伸びていきます。
もっとも闇が深い時間から、光が増えていく時間へと変わっていく、という起点です。

そして、この冬至の日に、乙女座で下弦の月を迎えます。


星の動きは、週初め19日から水星逆行開始、同日に火星がうお座に入りました。
そして、今日は太陽がやぎ座入りします。
水星逆行に入り、なんとなく調子が悪いという方もいるかもしれませんが、この時期は
進むより、立ち止まったり、内観したりという流れに乗るのがおすすめです。
ゆったりした気持ちで、疲れを癒したり、気持ちの整理に活用しましょう。
心の浄化を含めて、お掃除も最適なタイミングです。

下弦の月を迎えたホロスコープでは、おひつじ座の天王星とてんびん座の木星が180度、
これに対し、いて座土星が天王星と120度、木星が60度という三角形を形成しています。
クリスマスごろには、みずがめ座金星も、天王星・木星の180度に対し、天王星と60度、
木星と120度という角度を取り、180度ラインを底辺に2つの三角形ができていきます。
クリスマスと年末に向かって進むなか、
パートナーシップや対人関係のなかで、これまでの枠を超えた新しく自由な発展がありそうです。

2016年最後の新月は12月29日やぎ座で起こります

私たちは冬至を迎え、下弦の月から新月に向かう流れのなかを進んでいます。
2017年を前に、不要なものやエネルギーを浄化し癒し、
光の増えていく時間を楽しんでまいりましょう。






 
[PR]
# by astroaroma | 2016-12-21 10:09

双子座の満月


未来への憧れの扉に

過去にしまった想いを

混ぜ合わせたら

どんな色になるのかな


光のなかに

どんな想いも放たれて

キラキラのなかに溶け込んで

新しい色に変わるんだね



~12月14日、午前9時06分、双子座で満月を迎えました~


みずがめ座を運行中の火星は、先週みずがめ座入りした金星とともに、19日まで同じ星座に
います。19日に火星は一足早くうお座へ。
そして、19日から、年明け1月8日までやぎ座を運行中の水星が逆行します。

12月から1月は、1年を振り返り、翌年に向けて目標やプランを立てたりと、新しい年に思いを
馳せる時期ですね。
ちょうど、この時期に水星も逆行し、クリスマスやお正月、年末年始の帰省などを通して、
懐かしい人に再会したり、連絡が届いたり、ということも多くなりそうです。
過去の誰かとの関係を再構築する、ということもおこるかもしれません。
また、年末のお掃除で失くしたものがひょっこり出てきたり、思い出の物からいろんな感情が思い起こされ感情の浄化にもなります。
物の整理整頓が心の整理にもなり、新たな年のラッキーウェーブに乗ることにもつながります。
他者のために何かしたかったけれどできていない、という方は、年末までに何か小さなことでもやってみると、自分にも喜びや幸せが訪れますよ。

12月19日~1月8日の水星逆行期間とその前後2~3日は、交通機関の乱れや、連絡ミス、コミュニケーションのずれなどが起こりやすい時期ですので、ご注意を。
決して焦らず、ゆっくり過ごすのがおすすめです。
ちょっと立ち止まり、自分を振り返り、充電する時間、過去からのメッセージが届き、心に情熱が呼び戻されたり、自分自身を取り戻す時間でもあります。
あなただけの素敵な水星逆行時間を楽しんでくださいね。


d0060425_10205842.jpg



今日は双子座の満月。
好奇心のあること、ワクワクすることがあればやってみましょう。
そして、それを近くの人とシェアすると、楽しさの輪が広がります。
[PR]
# by astroaroma | 2016-12-14 10:28

上弦の月



瞳に映る夕日を

目を閉じて心に浮かべた  d0060425_17324555.jpg



オレンジ色の大きな光は        

広がる水面に落ちて優しく揺れる



誰もが戻る場所がある


それは

〝愛そのもの”、という、

万物のふるさと




~12月7日、18時03分、上弦の月をうお座で迎えます~

星の配置は、
 うお座の月と、やぎ座の冥王星がセクスタイル
 てんびん座の木星と、いて座の土星がセクスタイル
 おひつじ座の天王星と、みずがめ座の火星がセクスタイル

セクスタイルは、
 天体間が60度の角度をとっていることを言います。
 「お互いの関係を意識しながら、動き方を変え、より発展する」ような
 意味合いです。


 漠然と夢見ていることを、現実的にシュミレーションしたり実際にやってみる、
 大切な人との関係を発展させるために、自分のこだわりを緩める、
 変えたいこと、にフォーカスし、新しい挑戦を始める、

 たとえばこんなことを、やってみませんか。
 ふだんは、つい流してやらずに終わってしまうことも、少し意識し努力する、
 1歩だけ足を出してみる―
 そうすると、ふんわりいい流れに乗れる、そんな感じです。


 そして、今日7日に金星がやぎ座から、みずがめ座に移動しました。
 この金星は、年明けまで、みずがめ座を運行します。
 ちょっとクールでユニークな、人間関係や愛情表現が楽しめそうです。
 友だちや気の合う仲間とのパーティや忘年会にオリジナルなアイデアを
 プラスしたり、
 いつもとは違う意表をついたプレゼントが盛り上がりそうです。
 
 
[PR]
# by astroaroma | 2016-12-07 17:41

いて座の新月

自分が本当は自由なのだと
知っていたかい?

キミの今いる世界、
それもキミが自由に創ったんだ

もしそれを忘れていたなら
簡単なことだよ、

ただ思い出せばいい

境界線も
高い壁も
棘のある柵も

想い一つで超えられる

嘘だと思うかい?

それはキミがやってみていないだけさ


d0060425_1118882.jpg




~2016年11月29日、21時18分、いて座で新月が起こります~


11月下旬に各地で雪が降り、早い冬の訪れとなりました。
そして、今年迎える新月も今回を含め、あと2回となりました。

今回の、いて座の新月の象徴するテーマは、「自由」「理想」
のびのびとどこまでも広く、どこまでも遠く、遥かかなた、わくわくした躍動感
それが私の感じるいて座の世界です。

全体の星の動きですが、新月のチャートは、
いて座の新月(太陽、月)に対し、うお座の海王星が90度、
やぎ座の金星とおひつじ座の天王星が90度、
てんびん座の木星とやぎ座の冥王星が90度、とスクエア(90度)がいっぱい。
90度はものごとを刷新する角度です。
表面的には、思わぬところからバシッと刺激が入り驚いたり、
急激な変化に戸惑ったりすることが起こることもあるのですが、
変えられなかったことをスパッと変える、斬新な変容をもたらす、という
ミラクルな角度でもあるのです。
理想や夢に対する意識の高まりが日常の枠を超えたインスピレーションをもたらし、
自分の可能性に未知の希望を広げていく、
既成の人間関係に新しい刺激や斬新な視点が入ってきて、自分自身の殻を破り、
新たな関係が構築される、
パートナーシップや社会の中での力関係を調整していくことで、より大きなパワーを
得る、
こんなことが起きてきそうです。

この他には、天秤座の木星とみずがめ座の火星が120度、これらに対し、
いて座の土星が60度、と小さな三角形を形成しています。
未来に意識を向け、理想のパートナーシップを創る、
人間関係や交際が仲間にサポートされる

そんな時期でもあります。

12月3日土曜には、いて座を運行中の水星がやぎ座に入ります。
理想を語るだけではない、現実味を帯びたやぎ座の世界に水星が入ると
パリッと、具現化するスィッチ、結果に繋げるスィッチも入っていきます。
まだ実現していなかったことをぜひやっていきましょう。

<今回の新月のテーマ>

*自分の可能性を広げる
*探求する
*理想に向けて大きな目標を持つ
*自由を楽しむ
*旅に出る



それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 12月1日13時09分~17時53分まではボイドタイム(ミスが起きやすい時間)と言われています。
願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

~次回の新月は12月29日やぎ座で起こります。2016年最後の新月です~

[PR]
# by astroaroma | 2016-11-29 13:18

下弦の月(しし座)

木々の葉が色を染めると
いつのまにか
心が引き込まれていくd0060425_21494058.jpg



息を呑むような
真っ赤な葉に
枯れて散る間際の
いのちの炎を見るような気がして



燃えるような激しさ
染み入るような輝き



私はただそのなかに佇む



~11月21日17時33分、しし座で下弦の月を迎えました~


各地で紅葉のシーズンを迎えるころとなりました。
鮮やかな秋色に、はっと心の眼が開くような思いです。

下弦の月から次回の新月までは、前回の新月から進んできたものごとを
整理し、不要なものを手放し、新しいスタートの準備をしていくタイミング。

先週20日からうお座を逆行していた海王星は、順行に戻りました。
太陽は22日にいて座に入り、水星、金星、土星、と4つの天体がいて座に集合するなか、
11月29日の新月をいて座で迎えます。
火の星座であるいて座に集合している天体と、
風の星座:みずがめ座の火星、てんびん座の木星が調和角で関わっており、
インスピレーションが冴えていきそうなこの期間です。

今までの自分の枠を超えてチャレンジしたいこと、広げてみたいことなどが
あったら、夢見るだけではなく、情報を集めたり、周囲の人に話したりしてみましょう。
何かふっと舞い込んでくるメッセージがあるかもしれません。

新月に向けて意識を高めていきましょう。


~今度の新月は11月29日21時18分、いて座で起こります~

[PR]
# by astroaroma | 2016-11-21 21:59
色づいたこの葉たち             
赤や黄色や
燃えるような橙色

お日さまの光が少しずつ淡くなり        d0060425_10455521.jpg
やってくる寒さに少しずつ身が縮む

心が小さくなってしまわないように
鮮やかな秋色で染めていこう

夢見る力が広がるように
豊かな光が溢れてくるように




~11月14日、22時52分、牡牛座で満月を迎えます~


今日の満月は68年ぶりのスーパームーンとか。
おうし座の月は、物質的な豊かさ、五感を磨く、安心感や安定などを満たすのに良いタイミング
新月で願ったことを振り返りつつ、もしあなたがもっとこの部分を満たしていきたい、ということが
あれば、それを心に描いてみましょう。

また、おうし座は「所有」を象徴しますが、

*今、あなたの周囲にある物、人(人間関係)は、あなたが望んだものですか?
*所有しているものは、あなたを幸せにしてくれていますか?

自分を囲んでいる物、人、環境は、自身の創造した産物であるといわれています。
もし、本当にハートが願っていることと、自分の外側にあるものが違っている?、と
気づいたら、ぜひ改めてあなたのハートの望むことにそれを変えてみてはどうでしょう。
好きなもの、心地よいものに囲まれることを五感で味わってみましょう

*あなたの身体は心地よい状態ですか?
*あなたは、ご自分の心と身体に意識を向け、必要なケアをしていますか?

あなた自身の身体、そして心も、大切なあなたの所有物です。
どこか心身に不調を感じながらもそのままにしている、何となくずっと調子が良くない、
「なんとなく」をずっと抱えていませんか?
身体と心は、いつもあなたにサインを投げかけています。
気づかなければ、もっと大きなサインをいろんな方向から出し続けます。
少しの時間でも、今、自分の心と身体がどんなことを感じていて、どういう状態なのかを
見つめてみてはいかがでしょう。
意識を向けると、心や身体の欲することが分かってきます。
”もっと寝たい、コリをほぐそう、食事を見直そう、
                     お酒飲みすぎたな、疲れたから少し休もう”
心身の状態が整っていると、喜びと幸せの感度も上がっていくのでは、と思います。

自分の内側と外側を調和させること、心と身体に寄り添うこと、
ほんの少しのことが、あなたの毎日をより豊かにしていきます。

星の動きは、先週9日に火星がみずがめ座に移動、12日に。水星がいて座に、金星がやぎ座に移動
しています。
水星、火星の相性も良く、物事が軽やかに進んでいきそうです。
完成したものごとがあったら、今度は違う視点から見直してみると、
ぐっとグローバルに進化します。
気の合うグループで仕事や遊びの計画を進めたり、旅行も楽しめる時です。

深まる秋を楽しみながら、素敵な時間をお過ごしくださいね☆
[PR]
# by astroaroma | 2016-11-14 11:08

上弦~みずがめ座の月~

どこか自分と似た          

誰かに出会うことがある           、d0060425_2235630.jpg


うれしいような

照れくさいような

なつかしいような


誰かのなかの私のかけらと

私のなかのだれかのかけら

呼び合っているんだね




最近、ぐっと寒くなりました。
空気が冷たくなり、澄んでくると、お月さまも星もよく見えますね。
新月から少しずつ膨らんでいく月を毎日、楽しみに眺めています。

先週は少しばかり遠くを旅しました。
いつもと違う場所から眺める月・・・
景色が変わっても、月を見ると同じ地球にいるんだなあと思います。
昔、旅をご一緒した女性が、海外出張が多くご主人となかなか一緒の
時間が取れないので、
「お互いに月を見たら〝おやすみ”を言おうね、と約束しているの」と
言っていたことを思い出します。

月は、占星術では、心のよりどころ、自分の帰る場所を象徴します。
私たちの日常にいつもある天体であり、私たちの身体や心にも密接に
関係しています。
ふと見上げると、月はそこにいて、いつも優しく見守ってくれるような
気がします。

~11月8日午前4時51分、みずがめ座で上弦の月を迎えます~


同じ志を持つ仲間たちに自分の気持ちを言葉にして伝えてみる
今までいた世界から少し枠を広げてものごとを見る

そんなことを意識してみると
未来のビジョンがあなたに着地してきそうですよ。
[PR]
# by astroaroma | 2016-11-07 22:37

さそり座の新月

d0060425_1531195.jpg私の前に湖がある

そこに何があるのかを私は知らない

私はそれを覗いてみることにした

水はどこまでも蒼く底無しのようだった

けれど私は知りたい、そして確かめたかった

その中に潜む
苦しさや冷たさや逃げ出したい感覚、あらゆる恐れのもっと深く

沈んでも沈んでも見えない底に何があるのかを


~2016年10月31日、午前2時38分、さそり座で新月が起こります~


新月(太陽、月)に重なるように、水星がそばにいる、今回のさそり座新月です。
そして、この太陽、月、水星と、うお座の海王星が調和角といわれる120度。
この4つの天体が水の星座にあり、私たちの感情の深いところに密やかな光を差し込んでくれています。
さそり座の水星とうお座の海王星のコンビネーションは、言葉に表現しきれない精細で深いバイブレーションのように感じます。
あなたの中にある言葉にできない深い感性を感じてみてください

そのほかの天体は、天秤座に木星、いて座に土星・金星が重なり、やぎ座の冥王星・火星に対しておひつじ座の天王星がゆるく90度を形成しています。
古代の世界観やクラシカルな芸術が心を楽しませてくれたり、今ある人間関係や貯蓄、趣味などをもうひとまわり成長させてくれるチャンスがありそうです。
また、情熱が行動を変える時期であり、積み上げてきたことを、未知への開拓精神や勇気によって新しい視点から切り開いて進んでいけます。

さそり座の新月は私たちの無意識に潜む様々なことに心を向けさせてくれるように思います。
私はずっと自分を探していました。
皆さまもそんな経験のある方も多いのではないでしょうか。
「自分に向き合う」という表現はよく使われるけれど、
自分の感情に沈み味わう、その感覚に浸る、ということだったのかなと最近気づきました。
自分の感じていた気持ちに一体化する、と言えばいいのでしょうか。

周りを気にしたり、
誰かの言葉に影響されたり、
本当は自分がしたくなかったことをしているのに気づかないふりをしたり…
そうして私たちは本来の自分がわからなくなる。

ただただ潜水して、
深い湖の中をゆっくり漂いながら沈むようにして、
どこまでも沈んで、
全身全霊で感じきった先に、本来の自分はずっと待ってくれていて、ようやく会える、
もしかしたらそういうものじゃないのかなと。
諦めることもなくずっと待ってくれていた自分と会えたら、もう喜びしかない。
そのときが本来の私に戻れたときなのだと。

沈むときはただ身を任せればいい、
ポチャン、としたら感じることだけすればいい
ジャッジはいらない
怖がる必要もない
戦わなくていい

沈むときに浮かんでいく泡をただ見送って
ただ静寂の中にうごめくものの気配を感じるだけ

ああ、そうか、こういうことだったんだ


読んでくださってありがとうございます。
ふだん、忙しさに追われるとなかなかゆっくり自分の心を感じるということが
できないことが多いと思います。
さそり座の新月に、ぜひご自分の〝深遠なる魂”に出会いに行ってくださいね。

<今回の新月のテーマ>
*情熱を高め、集中する
*人間関係を深める
*感情を深く味わう
*無意識に意識を向ける
*自分の内在するエネルギーを感じる

それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 11月1日11時45分~11月2日23時44分まではボイドタイム(ミスが起きやすい時間)と言われています。願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

~次回の新月は11月29日いて座で起こります~


[PR]
# by astroaroma | 2016-10-30 15:00

10月23日 下弦の月

     流れる風に
      どこへ行くのかと訊いてみる

       風の言葉は聞こえず
        ただ懐かしい香りが過ぎていく

        肌に残った冷たさは
         少しだけ寂しい

          小さな穴を埋めるように
           カップにお茶を注ぐ

            温かな湯気に命を吹き込むように
                 また悪戯な風が吹いていく




d0060425_17213210.jpg



街を歩いていると、ふんわりと2度目の花をつけたキンモクセイが香ってきます。
キンモクセイの花は年によって2度、3度、花をつけ香るのだとか・・
今週も前半は夏の暑さのような気候でしたが、急に肌寒くなり、
気づいたらもう10月下旬。
天候が不思議な感じで、季節の移り変わりも分かりにくいですね。
気温が下がると秋が深まってきたように感じます。

~10月23日午前4時14分、かに座で下弦の月を迎えます~

活動宮に天体が集まって賑やかでしたが、23日に太陽はてんびん座からさそり座へ、
翌週25日に水星もさそり座へと移動します。
水の星座であるさそり座に2つの天体が移動し、秋の深まりとともに星の配置も
ひそやかに静かな世界へと入っていくようです。
そして、31日午前2時38分に今度の新月はさそり座で迎えます。

進めてきたことを、少し歩みをゆっくりにして振り返ってみたり、じっくり見直す、
集中して掘り下げる、などに良い時期です。
突っ走ってきた人は、この辺でプチブレイクを。
自然が秋に色づいてくる季節でもありますので、散策に出かけたり、お気に入りの
カフェでゆったりくつろいだり、優しく穏やかな時間を楽しんでください。


  
  
[PR]
# by astroaroma | 2016-10-22 04:14

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma