<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おうし座の新月


新緑の葉が重なる              d0060425_15520513.jpg

煌めきの向こうから

緑の風が吹いてくる

すべての命に 

また新しい息吹を吹き込むように

風は身体を吹き抜け

大地のにおいを運んで

花たちに微笑みかけ

また空に昇っていった

あらゆるものに

きらきらの魔法を振りかけて







~4月26日21時16分、おうし座で新月を迎えます~

先週後半に、おうし座に滞在していた逆行中の水星は、一つ前のおひつじ座へ、火星はふたご座へと
星座を移り、新月を迎える今日は、太陽・月だけがおうし座にあります。

情報やコミュニケーションを司る水星、情熱や推進力を司る火星は、それぞれ火の星座、風の星座へと
移動したので、おうし座の持つのんびりムードよりは、少々ピシッとした雰囲気があります。

4月は次々と天体が逆行し、予定通りにいかないことや、感情の揺れ動きが結構あったり、体調の調整
を余儀なくされた、という方も多かったのではないでしょうか。
回り道、遅れ遅れ、こんなはずでは?、ということが少しずつ落ち着いてくる頃です。

今週からゴールデンウィークにかけては、金星、水星の動きに注目です。
26日に金星はうお座からおひつじ座に進み、情が中心だった人間関係もドライになっていきますし、
新しいことへの興味や新た出会いなど、スピーディに展開していくでしょう。
私たちに身近な影響をもたらす水星は、ゴールデンウィーク中(5月4日)に順行に戻りますので、
連休明けには、ものごとがすっきり整理され、視界がだいぶクリアになっているではないかと思います。


<さて、今回迎えるおうし座の新月に叶いやすい願いごとは・・・?>

おうし座は12星座の2番目の星座で、おひつじ座で生まれ落ちた純粋な魂が、魂の器である肉体を含め、
自分である感覚を得て、五感を通して得られる喜びや豊かさを感じるという次の成長段階
です。
この中には生きていくための、安全・安心の欲求、自分の所有物としての才能やお金などが含まれます。

おうし座の支配星は金星ですが、五感を通しての心地よさや、本質的な美へのこだわりを象徴します。

おうし座の象徴は、
五感、感覚、所有、豊かさ、お金、才能、喜び、満足、存在価値、自然との調和、安らぎ、基盤、
忍耐、維持、身体感覚など。


おうし座の得意分野で叶いやすい願いごとのテーマを、新月の願いごとに、取り入れてみてください。

<おうし座新月のテーマ>
*自分を信頼する
*身近にある幸せを意識し感謝する
*喜びと豊かさを受けとる
*自分の欲求に気づき知らせる
*自然と調和する

自分らしい輝き、存在価値、感覚を通しての限りない豊かさを、
おうし座の新月は授けてくれますよ。
たっぷり受け取りましょう。

それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 4月27日午前6時54分~10時57分まではボイドタイム(ミスが起きやすい時間)
と言われています。
願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

新月の願いごとは初めて!と言う方に・・・こちらをごらんください。

地球の恵み、緑豊かな自然のパワーを取り入れて、
心と身体に優しい時間をおすごしくださいね。

~5月3日、上弦の月をしし座で迎えます~

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログで、
  セッションのご案内などもしています。
  良かったら覗いてみてください。








[PR]
by astroaroma | 2017-04-26 16:15

やぎ座で迎える下弦の月


埃が立つように

心の底からふつふつと出てきてしまう

いろんな思い

悲しい、苦しい、寂しい、妬ましい

見たくなくて 目を閉じても

聞きたくなくて 耳を塞いでも

湧いてくるものは 止まない

「見てほしいんだよ、聞いてほしいんだよ」

「ただそれだけなんだ」

心がつぶやく

目を開けて 耳を澄まして

そこにあったものは

お化けでも 怪物でもなくて

うずくまって 泣いている、

小さな小さな わたしだった

抱きあげて 抱きしめて 小さなわたしを感じた

すると、小さなわたしは 微笑んで

しゅうっと、優しくわたしの中に 溶けていった

d0060425_23441621.jpg

~4月19日18時57分、やぎ座で下弦の月を迎えます~

やぎ座で迎える下弦の月は、おひつじ座の太陽とのスクエア(90度)。
双方の星座の最後の度数29度でのスクエアです。
星座の最後の度数である29度は、その星座の性質から離れがたい思いを含んでいます。
ある意味、覚悟を決めることが必要な時期かもしれません。

純粋な魂の象徴としての自分自身、ハートから湧きあがる衝動や情熱を発信する自分自身を
社会の中でどう生かしていくか、埋もれることのない個としての自分の立ち位置を決める、
そんなテーマと向き合い、選択し、決めていくタイミングです。

自分の生きる世界をしっかり感じ、自分の存在を確固たるものにする、次の世界:おうし座の
に向かう一歩でもあります。

やぎ座の月は、おうし座火星とトライン(120度)、堅実な積み重ねや努力が目標達成や
結果に結びつきそうです。
やる気が充実し、踏ん張れるときです。


4月上旬に逆行を始めた、いて座土星と、先週末に逆行から順行に転じた、うお座金星の
スクエア(90度)はまだ続いており、引き続き人間関係の手放しや再構築、といったことが
続きそうです。


さて、この下弦の月から次の新月:おうし座新月までは、星が次々と動いていきます。
20日に、太陽がおひつじ座からおうし座へ
21日に、逆行している水星がおうし座から一つ前のおひつじ座へ、
    おうし座を運行している火星がふたご座へ

次々と移動します。

4月は逆行する天体が重なってきたこともあり、思うように物事が進まなかったり、遅れたりと
ややまったりムードでしたが、
地の星座おうし座にあった水星、火星がそれぞれ、火と風の星座に移り、スピード感が戻ってくる
感じです。

水星の逆行はまだ続きますが、おひつじ座に戻り、速度を上げて、取り戻したいものに向かって
いくようにも見えます。
月末ごろに、ちょうどおひつじ座に在る天王星と重なるのも面白いです。
何か変革のために足りないものをもう一度、天王星からもらってくる、みたいな。
春分前後から大きな変化、変容が進んでいるという方も多いと思いますが、その仕上げ的なこと
が、この時期起きていくのではないかと思います。


木星、金星(金星は4月半ば順行に)、土星、水星と、4月に逆行する星(天体)が重なり、
物事がストレートに進まず、回り道をさせられながら、ステップを重ねていく流れでしたが、
この流れ自体が、春分前後の浄化の続き、まとめ的な流れのように感じています。
個人においても、過去や潜在意識と向かい合わざるを得ない状況が現実を通して起きることで、
気づきや浄化、癒し、目覚め、変容が促進されていきます。


4月20日から冥王星が逆行を開始しますが、冥王星は人々の集合意識であり、もっとも深い潜在
意識と言われています。
冥王星のテーマは変容ですが、逆行期間中に、この変容が熟考され、熟成され、より大きな次の
変容に向かう、
そんな印象です。
逆行の影響は個人というより、集合意識への影響と考えることができるのですが、この春を通過し
急速に変化し目覚めた個々の意識が、熟成され、この大きな集合意識全体の変容に繋がるのでは
ないかと思うのです。


8月の月食・日食、土星の順行を通過し、9月末、冥王星の順行と進んで行きますが、この間に
個々の基盤が再構築されるとともに、集合意識の再構築がなされていくのかもしれません。


さて、下弦の月から新月に向かう期間は、手放しと次のサイクルの準備期間です。

・新しく始めたことの進み具合を確認する、自分のハートから願うことが実現できているかも
含めて。
・自分と向き合い、気持ちの整理、感情の解放をしていく
・おひつじ座新月の願いごとを見直し、叶ったもの、継続するもの、次回に新たに加えたいもの、
 を見直してみる


新しいサイクルに向けて、いろんなことを整えてまいりましょう。

変化の大きい時期ですから、生活上の変化や感情の揺れが大きいと感じる方も多いと思います。
焦らず、タイミングを待ちながら、ご自身のハートから感じることを大切に、選択し、行動
していってくださいね173.png


~今度の新月は、4月26日21時16分、おうし座で起こります~

もうひとつのブログで、星やヒーリングのお話、セッションのご案内をしています。
おうし座新月に受け取る一斉遠隔ヒーリングのご案内はこちらから。






[PR]
by astroaroma | 2017-04-18 23:50

てんびん座の満月



月の光が届く 満月の日に探し物をしよう

大切なもの けれど何だか分からない

もしかしたら 生まれる前には覚えていたのに

忘れてしまったもの


満月のひかりは 魔法のひかり

見つけた宝物は わたしのかけら

出逢いたかった 私の輝き




d0060425_10501144.jpg


~4月11日、15時08分、てんびん座で満月が起こります~

3月28日、おひつじ座で新月を迎え、月は大きく膨らみ、てんびん座で満月を迎えます。

今年春分の日を通過する前後の大きなエネルギーの流れの後に迎えた、
「生まれ落ちた純粋な魂」の象徴であるおひつじ座の新月。
2月~3月にかけての浄化と統合の流れから、新たな旅立ちとなった新月を経て、
大きくご自身が変容したと感じている方も少なくないと思います。

この流れを受けて、スタートしたおひつじ座の新月からは、
自分の魂から湧きあがる感情に伴い、在りたい姿、大切にしたいもの、進みたい方向
などが、より鮮明に意識に上ってきている方も多いのではないかと思います。

今月に入り、重なる天体の逆行も、必要の無いものをそぎ落とし、
新しい自分の純度をより高くするための純化作用
なのではないかと思えてきます。

今回の満月:向かい合うおひつじ座の太陽とてんびん座の月は、
純粋に自分らしくありたい自分と、対面にいる他者との関係を示しています。
てんびん座の月のとなりに、木星が大きな優しい光で見守っているようにいるのが
印象的です。

また、6日に逆行を始めた土星と、うお座をが逆行している金星はスクエア(90度)。
土星の逆行は、一つの意味としては、自分の築き上げてきた土台を修正したり、
作り直すことを象徴します。
金星は愛情や人間関係。
金星は今週末(15日)には、順行に戻るのですが、順行に戻った後も再び土星と
スクエアになります。

つまり、今週から来週にかけて、逆行中の土星とスクエアの関係を行き来するわけです。
スクエア(90度)は、次元を超えるほどの大きな変革パワーを持つ角度と言われます。
自分の基盤の手直しが、人間関係を伴って行われていくときなのではないかと思います。
人間関係というテーマは、上記の今回の満月のテーマと二重に重なります。

純度の高い自分として、言い換えれば純粋な魂として生きることをスタートしていくと、
人間関係も変わっていきます。

もし、これまで他者の期待に応える生き方をしてきたけれど、純粋な自分の衝動、情熱
を生きたい、ハートから願う生き方をしたい、というように自分の意識が変わったなら、
自分の感じること、目の向くもの、行動、周囲の人間関係も変容します。

そういう自分で生きていくとき、これまで一緒にいた友人や、親しくしていた人々が
去っていく、あるいは疎遠となったり、連絡がとれなくなる、
ということが起こるかもしれません。
一方で、新しい出会いがあったり、同じ意識を持つ人たちと巡り合う、というような
新しい縁が広がっていきます。
自分の意識の変容にともなう、新しい世界がやってくるのです。

土星の逆行は8月下旬まで続きます。
金星とスクエア関係にあるこの2週間は、自分の基盤整備をするきっかけとなることが
起きやすいでしょう。
ちょうど満月から次の新月に向かう時期とも重なります。

自分は今、どんな感情を感じている?
自分がわくわくすること、心が求めることは何だろう?
どんな自分として生きていきたい?
自分の気持ちを最優先にしている?
他者との関係で無理を感じていることはある?
どんな人と大切な関係を築いていきたい?


そんな問いかけをしながら、自分のハートの中を見渡してみましょう。
満月はふだん見えないところにも光を照らします。

他者との関係は、鏡に映る自分と関係。
良く見えていなかった自分の心の中、最大のパートナーである自分自身と
ゆっくり語り合うとよいかもしれません。

満月の光のなか、素敵なあなた自身を見つけてくださいね。


~下弦の月は、4月19日にやぎ座で迎えます~


173.pngもうひとつのブログで、星やヒーリングのお話、セッションのご案内をしています。
よかったらご覧ください169.png








[PR]
by astroaroma | 2017-04-11 11:11

かに座で迎える上弦の月

d0060425_20590497.jpg

花も「とき」を待っている
蕾がひらくまで

はじめは見えない
光を身体に溜めて

最善のタイミングで
その輝きを爆発させる

生きることの力強さ
存在することの美しさ

命が燃える春
その愛おしさ




~4月4日、03時39分、かに座で上弦の月を迎えます~

おひつじ座で新月を迎えた後、月は少しずつ膨らみ、かに座で上弦の月を迎えます。
新月の時には、おひつじ座に集中していた天体も、
水星はおうし座へ、金星は逆行してうお座に抜け、おひつじ座には太陽と天王星のみ。
おひつじ座の勢いも落ち着いてきた感じです。
春分の日辺りから、ダッシュしてきた方は少し息を整える、そんな時間に入りました。

とはいえ、上弦の月は、おひつじ座の太陽と、かに座の月でスクエア(90度)を
作っています。
活動宮でのスクエアは、やはりスピードがありますので、上弦の月前後にする決断は
行動を伴い、目的地に早く到着できそうです。


さて、4月はいくつかの星が重なって逆行します。
逆行時には、その天体の象徴する意味が停止したり、遅れるなどと考えられています。

4月以前からすでに逆行していた木星、金星に加わり、
6日からいて座の土星が逆行を始め、8月25日まで逆行します。
土星は公転周期が長い天体のため、個人への影響というよりは、むしろ社会的に影響を
及ぼすと言われ、特に向きを変えるタイミングに社会的に印象的なことが起きやすい
ようです。
土星の象徴するものは、ルールや規範、枠、土台、熟成、晩年、権威者や高齢者などです
土星の逆行前後、何か社会現象として、その象徴に絡んだできごとがあるでしょうか。

そして、週明け10日~5月4日まで、水星が逆行します。
水星の逆行は年に2~3回起こります。
コミュニケーションや知性、学習や仕事を象徴する水星は、個人への影響も起こりやすい
ようです。
この期間には予定の変更や中止などが起こる、計画が遅れる、ミスが多発することが
よくあるため、重要な契約を避ける、よく確認して対処する、など注意が必要と言われて
います。
一方で失せ物が見つかる、懐かしい人から連絡が来る、という嬉しいことがあるとも。
体調を崩す方も多いのですが、ゆっくり過ごす、休養するには良い時間です。
前進し続けることは良いことのように思えますが、時々立ち止まって振り返る、休んで
充電する、違う道を行ってみる、そんなことが人生をより豊かにします。

ゴールデンウィークもはさみますから、故郷に戻ってみたり、思い出を訪ねたり、
旧友に会ったり、目的を決めずぶらり旅に出たり・・・
ゆっくり休んで、自分を取り戻す、ということもおススメの期間です。
水星の逆行期間は、
「たまには、足を止めて自分の位置を確認しなさいよ、頭も身体も休めて
リセットしなさいよ」

という宇宙の配慮なのかもしれません。

新しいことが矢継ぎ早にやってくる4月ですが、表面のあわただしさに追われず、
焦らず、慌てず、予期せぬことを楽しんでみる、そんな余裕を持つと歩みやすい時間です。
何かをスパッと決めてしまいたいなら、今週早めに。迷いが少なく、展開が早いです。

金星はおひつじ座から逆行して、今はうお座を後ろ向きに進んでいます
ゆっくり音楽を楽しんだり、好きなことに没頭したり、お気に入りの場所に身を置くなど
しながら、自分の感性をゆっくり感じ目覚めさせると、内側からの輝きが増していきます。
ハートから繋がれる人間関係、愛情もつかみやすいとき。

一度逃がしてしまった愛を取り戻す、なんてロマンティックなこともあります。

上弦の月は、月が膨らみ光が満ち始める時です。
新月に蒔いた願いごとの種、少しずつ膨らんできていますか?
満月に向かうこの時期には、どうやったら願いが具現化するかな?と方法を探ったり、
思考を使って具体的な方策を考えていくのに適しています。
やる気も湧いてくるパワフルな時期です。

~4月11日、満月がてんびん座で起こります~

満月に向かって願いを形にしていきましょう。

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログを始めました。
  セッションのご案内などもしています。良かったら覗いてみてください。


[PR]
by astroaroma | 2017-04-03 21:15

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma