さそり座の新月

d0060425_1531195.jpg私の前に湖がある

そこに何があるのかを私は知らない

私はそれを覗いてみることにした

水はどこまでも蒼く底無しのようだった

けれど私は知りたい、そして確かめたかった

その中に潜む
苦しさや冷たさや逃げ出したい感覚、あらゆる恐れのもっと深く

沈んでも沈んでも見えない底に何があるのかを


~2016年10月31日、午前2時38分、さそり座で新月が起こります~


新月(太陽、月)に重なるように、水星がそばにいる、今回のさそり座新月です。
そして、この太陽、月、水星と、うお座の海王星が調和角といわれる120度。
この4つの天体が水の星座にあり、私たちの感情の深いところに密やかな光を差し込んでくれています。
さそり座の水星とうお座の海王星のコンビネーションは、言葉に表現しきれない精細で深いバイブレーションのように感じます。
あなたの中にある言葉にできない深い感性を感じてみてください

そのほかの天体は、天秤座に木星、いて座に土星・金星が重なり、やぎ座の冥王星・火星に対しておひつじ座の天王星がゆるく90度を形成しています。
古代の世界観やクラシカルな芸術が心を楽しませてくれたり、今ある人間関係や貯蓄、趣味などをもうひとまわり成長させてくれるチャンスがありそうです。
また、情熱が行動を変える時期であり、積み上げてきたことを、未知への開拓精神や勇気によって新しい視点から切り開いて進んでいけます。

さそり座の新月は私たちの無意識に潜む様々なことに心を向けさせてくれるように思います。
私はずっと自分を探していました。
皆さまもそんな経験のある方も多いのではないでしょうか。
「自分に向き合う」という表現はよく使われるけれど、
自分の感情に沈み味わう、その感覚に浸る、ということだったのかなと最近気づきました。
自分の感じていた気持ちに一体化する、と言えばいいのでしょうか。

周りを気にしたり、
誰かの言葉に影響されたり、
本当は自分がしたくなかったことをしているのに気づかないふりをしたり…
そうして私たちは本来の自分がわからなくなる。

ただただ潜水して、
深い湖の中をゆっくり漂いながら沈むようにして、
どこまでも沈んで、
全身全霊で感じきった先に、本来の自分はずっと待ってくれていて、ようやく会える、
もしかしたらそういうものじゃないのかなと。
諦めることもなくずっと待ってくれていた自分と会えたら、もう喜びしかない。
そのときが本来の私に戻れたときなのだと。

沈むときはただ身を任せればいい、
ポチャン、としたら感じることだけすればいい
ジャッジはいらない
怖がる必要もない
戦わなくていい

沈むときに浮かんでいく泡をただ見送って
ただ静寂の中にうごめくものの気配を感じるだけ

ああ、そうか、こういうことだったんだ


読んでくださってありがとうございます。
ふだん、忙しさに追われるとなかなかゆっくり自分の心を感じるということが
できないことが多いと思います。
さそり座の新月に、ぜひご自分の〝深遠なる魂”に出会いに行ってくださいね。

<今回の新月のテーマ>
*情熱を高め、集中する
*人間関係を深める
*感情を深く味わう
*無意識に意識を向ける
*自分の内在するエネルギーを感じる

それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 11月1日11時45分~11月2日23時44分まではボイドタイム(ミスが起きやすい時間)と言われています。願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

~次回の新月は11月29日いて座で起こります~


[PR]
by astroaroma | 2016-10-30 15:00

10月23日 下弦の月

     流れる風に
      どこへ行くのかと訊いてみる

       風の言葉は聞こえず
        ただ懐かしい香りが過ぎていく

        肌に残った冷たさは
         少しだけ寂しい

          小さな穴を埋めるように
           カップにお茶を注ぐ

            温かな湯気に命を吹き込むように
                 また悪戯な風が吹いていく




d0060425_17213210.jpg



街を歩いていると、ふんわりと2度目の花をつけたキンモクセイが香ってきます。
キンモクセイの花は年によって2度、3度、花をつけ香るのだとか・・
今週も前半は夏の暑さのような気候でしたが、急に肌寒くなり、
気づいたらもう10月下旬。
天候が不思議な感じで、季節の移り変わりも分かりにくいですね。
気温が下がると秋が深まってきたように感じます。

~10月23日午前4時14分、かに座で下弦の月を迎えます~

活動宮に天体が集まって賑やかでしたが、23日に太陽はてんびん座からさそり座へ、
翌週25日に水星もさそり座へと移動します。
水の星座であるさそり座に2つの天体が移動し、秋の深まりとともに星の配置も
ひそやかに静かな世界へと入っていくようです。
そして、31日午前2時38分に今度の新月はさそり座で迎えます。

進めてきたことを、少し歩みをゆっくりにして振り返ってみたり、じっくり見直す、
集中して掘り下げる、などに良い時期です。
突っ走ってきた人は、この辺でプチブレイクを。
自然が秋に色づいてくる季節でもありますので、散策に出かけたり、お気に入りの
カフェでゆったりくつろいだり、優しく穏やかな時間を楽しんでください。


  
  
[PR]
by astroaroma | 2016-10-22 04:14

おひつじ座の満月

月の光が満ちるころ
私の知らない私に光が射しこむ

影のようにひっそりと
そこに在ったものは
銀色の月の粒子に誘い出され

幾億年も待っていたかのように
夢見る少女のように微笑んで
喜びに満ちてd0060425_2372066.jpgくるくると踊る

「一緒にいていいんだね」

私は未知の私を受け入れる
未知の私は私を自由にした

そして私たちはひとつになり
愛になり
永遠になった






月明かりの思いがけない明るさにびっくりすることがあります。
満月が近づくと星の輝きもやわらかにベールがかかり、月の美しさに華を添えるようです。
静かに降り注ぐ月の光は、ふだん見えない隠れたものを誘い出してくれるような、そんな
不思議で神秘的な光だと感じます。


~10月16日13時23分、おひつじ座で満月を迎えます~


今回の満月はてんびん座の太陽に、おひつじ座の月が向かい合った形。
そしておひつじ座の月のそばには天王星がいます。
今月は、活動宮に天体が集中していることは繰り返しお伝えしていますが、
この満月の日も、てんびん座に太陽、水星、木星、やぎ座に火星、冥王星、おひつじ座に
月、天王星と、7つの天体があります。
活動宮に星が集まると、いろんなものごとが活発になる、行動力が増す、新しく展開していく、
とう動きが起こりやすいのです。
今月に入ったら、目まぐるしくいろんな動きがあり忙しい、という方も多いかもしれません。

天王星のパワーを巻き込んで起こる満月は、革新、改革、独立、を目指すなら絶好のとき
そして、てんびん座の水星がやぎ座の火星・冥王星とほぼ90度ですが、
新しく物事を進めたい展開させたい、今までのパターンを変えたいという人にとっては、
集中して取り組んでいけるタイミング
になります。
他者との関係や自分自身と向き合い、これを変えていきたい!ということがある場合にも、
方向転換をパキッとサポートしてくれます。

新たな展開や変化がスピードを伴って起こる時期ですから、戸惑う方も多いかもしれませんが
勢いに乗ってみる、というのもある意味の対処方法です。
とはいえ、金星は18日までさそり座にいますから、人との結びつきも強くなれる時期ですので、
困ったことがあったら打ち明けられる人に相談しながら進んでいってくださいね。

満月から新月までは手放したいものも解放していける時期。
満月の改革パワーで、不要なものを手放して身軽になっていきましょう。


[PR]
by astroaroma | 2016-10-15 13:23

上弦の月を駆け抜けて

見上げた空は
すっきり晴れ渡っていた

走り始めたのはいつか分からない
夢中で駆け抜けて
心臓が止まるほど息が上がっている

準備ができていたのかいないのかは
分からない

ただ、もう始まった、ということ。

今を感じて
今を喜んで
今を精一杯

分かっているのは
それだけでいいということ


d0060425_21384170.jpg




10月冒頭にてんびん座で新月を迎え、7日には水星もてんびん座に入りました。
新月にお伝えしたように、今は活動宮と呼ばれる星座にたくさん天体が集まって
とても賑やか。
てんびん座に入った水星は、人間関係、コミュニケーション、社交的な場を軽やか
に推進してくれます。
物事の流れも速く展開していきます。

~10月9日にやぎ座で上弦の月を迎えました~

月は少しずつ膨らみ、10月16日のおひつじ座の満月に進んでいきます。
そして、今度の満月は、改革を象徴する天王星の近くで起こります。

新月(てんびん座)~上弦(やぎ座)~満月(おひつじ座)~下弦(かに座)
と活動宮で続いていく今月の月の進行。
何かをスタートさせ、改革し、変えていく・・・決断し行動するパワーのみなぎる
ときでもあります。そして流れが速いです。
とは言うものの、夏の疲れが出てくるころでもありますので、メリハリをつけて
日々を過ごしていくと良いかもしれません。







[PR]
by astroaroma | 2016-10-10 21:41

アストロロジカル・アロマセラピー