澄んだ高い青空に
高層ビルが凛とそびえ立つ―
地上はいつのまにか金木犀の香りに包まれる秋。
立っている地面のぬくもりを確かめながら
背伸びして雲をつかもう
この地上と宇宙をつなぐように

熱い日差しが遠ざかるにつれ、さわやかな秋の訪れを感じる最近ですね。
大地で実った穀物や果物・・・食べ物も美味しい季節です。

さて、今度の新月は9月22日20時44分に乙女座で起こります。

そして今回は金環食(日食)と重なる新月!
日食は月が太陽と地球に挟まれたときに起こる現象:
つまり月が太陽と同じ側にきた新月のときに起こるのですが
月と太陽の位置の変化により日食の起こり方が変わってきます。
*太陽と月の中心がほぼ一致したとき―皆既日食(周囲にコロナが見えるのが特徴)
*太陽と月の位置が離れたとき―金環食(月が太陽を隠しきれずドーナツ状に見える)
黒い新月を美しい金の環が取り囲むように見えます。
太陽もこのあと、すぐに乙女座から天秤座に入っていくのですが、
まるで金星を支配星に持つ天秤座への移行のプレリュードのよう・・・

日食は次の日食(約6ヵ月後)まで影響力があると言われます。
これは今回の日食を迎えたときに起きた象徴的な出来事や
浮上したテーマなどが、
今後の半年間に影響していくことを表します。
いつもよりパワフルな新月ともいえるかもしれません。

また、前回の新月は乙女座の0度で起こりましたが、
今回の新月は乙女座の29度:乙女座の最後の度数で起こります。
最後の度数は、その星座のテーマを仕上げ、いよいよ次の星座のテーマ
に移っていく最終段階です。
前回お話したように、乙女座のテーマは、“個人としての自分を完成させる”こと。
次の天秤座のテーマは“他人から見られる自分”
―つまり他人と比べることで社会の中の自分を意識していく段階に移っていきます。
そういう意味では、今回の新月は、
前回の新月に加えて自分の完成度を上げたり、
整理し切れなかった部分を補うのに最適かもしれませんね。

☆そこで今回の新月の願いごとをするときの私からの提案です☆
今回の新月ではこんなことを意識したり加えたりするのはどうでしょう。
*これから半年間という大きなスパンで叶えたい願いごとを加えてみる
*8月の新月で達成できなかった願いごとをもう一度してみる

もし、ご自分のホロスコープをお持ちで、ハウスの分かる方がいらしたら、
自分のホロスコープのどのハウスで新月が起こるのか
(乙女座29度が何ハウスに入っているか)
チェックしてみてください。
これから半年間自分の主要となるテーマがハウスごとに異なります。
以下に各ハウスのテーマを簡単に記しておきますので参考にしてください。


1ハウス 個性・パーソナリティ・行動の癖・容姿
2ハウス 金銭・才能・所有
3ハウス 知性・コミュニケーション・交通
4ハウス 家庭・親しい人との関係
5ハウス 恋愛・自己表現・創造力・趣味・子ども
6ハウス 労働・職場環境・健康・義務
7ハウス パートナーシップ・結婚・対人
8ハウス 遺産・深層心理・SEX
9ハウス 教養・哲学・外国・出版・法律
10ハウス 職業・地位・社会参加
11ハウス 友人・グループ・未来ヴィジョン
12ハウス 潜在意識・奉仕・メディア・精神世界

*ハウスの分からない方は、ご自分の太陽のある星座を1番目として、
今回の新月(乙女座)が何番目のハウスにくるか、数えてみてください。
例)誕生日が3月9日の場合。
  3月9日→魚座   魚座を1番目とすると、乙女座は7番目→7ハウス
 ( 魚座→牡羊座→牡牛座→双子座→蟹座→獅子座→乙女座)
    ①   ②     ③    ④    ⑤   ⑥      ⑦
頭の体操みたいですね(笑)

少し先の未来を夢見ながら
心に思い描く希望を
この新月の夜空に飛ばそう


~次回の新月は10月22日に起こります~ 

それでは最後に
・願いごとは2つ以上9つまで
・新月がおきてから48時間以内に(できれば8時間以内に)
・叶うと信じて手書きでかくこと
[PR]
by astroaroma | 2006-09-21 23:28

アストロロジカル・アロマセラピー