新月の願いごと

新月瞑想
というものを始めたのが丁度昨年6月からです。ジャン・スピラーさんの書かれた、
「新月のソウルメイキング」(徳間書店) という本を知人から紹介してもらったのがきっかけです。
気合いを入れて何かをすることが苦手な私にとって、自然のリズムにのって願いごとを叶える!というこの「新月の願いごと」はすごくしっくりきました。
それで私の友人の何人かに紹介し、いつのまにか毎月の新月の前に、自分の持っているごくわずかな占星術の知識などもプラスして、メールで新月のお知らせをお届けするというのが定例になりました。
実は「ブログで新月の願いごとを書いたら?」とすすめられたのが、このブログを始めたきっかけでもあります。

ジャン・スピラーさんの新月瞑想について私の知識も加えながら以下、ちょっとした解説とやり方です。詳しく知りたい方は、本をご覧下さいね。

     *      *     *      
 *      *     *

収穫(夢の実現)に必要なのはまず種まきです。
月は12星座上をぐるりと巡り、29.5日ごとに太陽と結合します。
占星術上で人生の目的と呼ばれる太陽に、感情や情緒をつかさどる月が
重なるこの瞬間は、「こうなりたい」という自己実現への変化や願望を植え付けるのに
適した時期なのです。
よく新月のときに、あらゆる植物はよく育つと言われます。月の周期にあわせて
種をまくという知恵を昔から農業を営む人々は持っていました。
どんなことを始めるにも新月は、最適のタイミング、なのです。
新月には、願いをスピーディに実現させるサポートをしてくれるのです。

新月が起こった瞬間から48時間以内が願いをかなえるパワーが
働く時間です。そして、特に新月が起こって8時間以内に願い事をすると
より強力なパワーが働くそうです。

<願い事リストの作り方>
①新月に入った8時間以内にリストをつくる
②リストは手書きで書く
③1回に10件以上の願いを作らない(実現のパワーが分散してしまう)
④1回に2件以上の願いをつくる〈新月がもたらすエネルギーの活性化のため)
⑤リストを作ったら日付を書いて保存する(後でどの夢が実現したか確認する。
 短期間で実現しないものは次の新月にもう1度リストにあげていく)
⑥自分主体に願い事をつくる〈他の人に関する願いをこめてもかなわない
 何とかしたいと思っている人に接する、あなた自身を変えたいと言う願い事なら
 実現する。
 例: ×「子どもたちが幸せになりますように」・「息子が元気になりますように」
      「恋人が欲しい」 
   ⇒◎「子ども達が幸せになるよう導けますように」
      「息子が元気になるために必要な力をたくさんあげられるような私に
       なりたい」
      「楽しくて向学心のある男性と知り合い、すぐに恋愛が始まりますように」
      「理想の男性と知り合えるステキな情報が手にはいりますように」など

⑧難しい問題や是非実現させたいことは、いくつかの願いに分割し、多面的に
アプローチを。
 例: 例えば今の最大関心事が仕事を見つけることだとしたら、
   「私にふさわしい仕事が簡単に見つかり、応募の機会が見つかり、働き
    始められますように」
   「仕事につく事への潜在的な不安や抵抗感がすべてなくなりますように」
   「好きな仕事に就くチャンスがきたら迷わずそれに向かって進める私でありたい」
   など1つのテーマに絞り込んだ願い事をいくつか書き記す。
⑨願いの言葉を決めるときは、自分の直感を信じて納得のいく言葉で。
 読み返したとき、違和感がなく、調和とエネルギーを感じたらOK。
⑩理性が望んでいても、気持ちの準備ができていないところまで望むのはやめよう
  例: 「私にふさわしい異性と出会い、けっこんできますように」
    幸せな結婚を望んでもいきなりこれだと抵抗がある場合は、
     「好感度の高い異性とであい、友情を育てたい」
     「自分にふさわしい異性と、楽しい恋愛をしたいと思える私になりたい」
    というように、あまり現状とかけ離れた状況を望む内容からのスタートに。
⑪願いは1件につき1つ。いろいろ詰め込むと実現しない。
  例: ×「喫煙と飲酒の習慣を完全になくしたい」
    ⇒◎「喫煙の習慣を完全になくしたい」「飲酒の習慣を完全になくしたい」

*変化は急激に起こることがあります。もし、急な変化を避けたい場合には
「スムースに」とか「難なく」「すんなりと」、「健全に」とか「幸せな」と
言う言葉を入れましょう
 例: 「金持ちになりたい」(金が悲劇を招く事もあるので)
   ⇒「幸せなお金持ちになりたい」
    「○○できる私にすんなりとなりたい」  など  

新月に願いを込めることは、自分が強い意志をもつことで望む現実を生み出す自己啓発
とは異なります。
月の周期を利用して願いを込める行為は、大いなる力に全てをゆだねること。
受動的なエネルギーで磁石のように望む結果をたぐりよせます。
純真な気持ちで、叶うと信じて願い事を書いていくことが大切です。

なお、新月の起こる星座によって、願いをかなえる得意分野があることを
付け加えておきます。

**今回6月の新月は6月7日(火)午前6時56分双子座で起こります。 ** 
双子座の得意分野は、
  運動・活動・学び・コミュニケーション・論理・知性・不安を取り除くこと、情報
  交通などに関することなど。
  また、手・手首・腕・肩・肺・呼吸・神経系という身体部分・症状の健康の回復
  促進する願い事も叶いやすいです。
 例:「運転に関する不安を一掃したい」
   「ストレスなくパソコンを使いこなせるようになりたい」
   「みんなが耳を傾けてくれるような話し方を習得できますように」
   「最良の人生を歩めるように、聡明な頭脳をもちたい」
   「人見知りが直りますように」
   「○○さんと、フランクで前向きな会話ができる私になりたい」
   「1度決断した後でも迷いつづける癖が治りますように」
   「肩こりを治せる施術者と出会い、その人の施術をすぐに受けられますように」
                                          など

願いが実現される過程で、自分自身のネガティブなものが
膿みのように出てくる事もあるそうです。潜在意識に眠っていた「心のゴミ」が
目覚めるからだそうです。(なんかレイキで言っていた事と似ていますね〉
これを認識した上で、捨てていき、豊かな土壌にすることで、種まきをするに
ふさわしい土壌が作られていきます。

                      *             *
6月は梅雨の季節ですね。
気分的にもゆううつになりそうな時期ですが、新月にささやかな願いを乗せて
何か自分のために起こる楽しい出来事を心待ちにしてみましょう。

 空から降ってくるものは“しあわせ”なんだよ
こんな言葉を貰ったことがあります。どんなときも幸せは自分の心が決めるものなのですよね。
  
  小粒の雨
  大きな雨
  激しい雨
  濡れそぼる霧雨
  みんなみんな幸せのかたち。
[PR]
by astroaroma | 2005-06-05 22:06

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma