12サインと分類、支配星のことなど

~新月前にちょっとひと呼吸~
これまで毎回の記事の中で、新月の起こる星座にちなんで
各サイン(~座)の特徴や支配星について含めて記載してまいりましたが、
分かりにくいこともあるかと思いますので下記に簡単な解説を加えます。
今後の記事を読まれるときの参考にしていただければ幸いです。

1.12サインの基本的な意味
12サインは、人間の心理傾向や行動パターンを表します。

*牡羊座:(火・活動 / 支配星:火星)物事を新たに始めようとする。勇気、純粋さ。
*牡牛座:(地・不動 / 金星)    物質的で感覚的。五感を通しての人生観。    
*双子座:(風・柔軟 / 水星)    知性の発達。多様な変化と素早い反応力。
*蟹座 :(水・活動 / 月)     人と共感・同一感を持とうとする。身内意識。
*獅子座:(火・不動 / 太陽)    感動や創造性の表現欲求。夢や情熱を持ち続ける。
*乙女座:(地・柔軟 / 水星)    個人としての完成を目指す。几帳面さ、実務能力。
*天秤座:(風・活動 / 金星)    他者への意識、協力関係。バランス感覚の発達。
*蠍座 :(水・不動 / 火星・冥王星)人や物事への愛着を持ち続ける。死と変容。
*射手座:(火・柔軟 / 木星)    精神の自由やより広い知性を目指す。哲学的思想。
*山羊座:(地・活動 / 土星)    社会的な貢献を意識。常識的で実践的。
*水瓶座:(風・不動 / 土星・天王星)未来的な理想を描く。独自性、友好関係、人類愛。
*魚座 :(水・柔軟 / 木星・海王星)社会の歪みを救い、魂を純化。繊細さ、犠牲心。

2.12サインの分類
上記の(  )内は、4元素(火・地・風・水)、3区分(活動・不動・柔軟)という分類で12サインをグループ化したものです。古代哲学の考え方に基づいた分類法であるといわれています。
では、この4元素、3区分についてさらに説明を加えましょう。

①4元素(火・地・風・水)
個人の活動性の方向、心理傾向を表します。同じグループの星座はお互いに120度の角度関係にあります。
 火:牡羊座・獅子座・射手座 直感力で判断する働き。精神的。興奮しやすい。
 地:牡牛座・乙女座・山羊座 実際的で、感覚的能力の発達。五感でとらえる。
 風:双子座・天秤座・水瓶座 知的で、客観的な情報を扱う。論理的な思考。
 水:蟹座・蠍座・魚座    情感豊かで、自分や他人の感情の交流を大切にする。

②3区分(活動・不動・柔軟)
その人の行動特性を表します。同じグループの星座は、それぞれ90度の角度関係にあります。
 活動:牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座 自ら働きかける積極性。指導的。持続しない。
 不動:牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座 価値の維持や持続。変化に弱いが安定感あり。
 柔軟:双子座・乙女座・射手座・魚座 周囲や環境に合わせる調整能力。適応能力。

③2要素:陽・陰(男・女)上記のほかに2要素という分類があります。
  陽(男):牡羊座・双子座・獅子座・天秤座・射手座・水瓶座    外向性  
  陰(女):牡牛座・蟹座・乙女座・蠍座・山羊座・魚座       内向性
*星座の特性を考えるとき、上記の①~③の分類を考慮すると、より掴みやすいでしょう。

3.支配星
支配星とは、そのサインに縁の深い惑星が割り当てられたものです。
「1.12サインの基本的な意味」の項で挙げた各星座の( )内にそれぞれの支配星を記してあります。
 各惑星の持つ意味は下記のとおりです。
 *月  :個人の気質、感情の傾向、快・不快
 *水星 :知性の傾向、コミュニケーション
 *金星 :個人的な感受性、楽しむ能力、人間関係、愛情、金銭
 *太陽 :人生の目的、主体的な行動
 *火星 :行動力、積極性、攻撃性
 *木星 :拡大と発展、寛容さ
 *土星 :境界、自己管理能力、忍耐、訓練、安定
 *天王星:独自性、突破力、改革
 *海王星:夢、神秘性、想像力
 *冥王星:コントロール不能な変革、死と再生

今後のブログを読むときにぜひご活用くださいね。
参考までに・・・
今度の新月は、蟹座―水の活動サインでおこります。
新月の願いごとも、蟹座の性質を反映したものが叶いやすくなる、というわけです。
それでは、蟹座の新月については次回に。
[PR]
by astroaroma | 2006-06-25 12:55