しし座下弦の月

街路樹が秋色に染まり

冬に向かう準備をしている


そんな時間は

どこか知らない場所に続く

細い山道を降りていくような

不思議な感覚がやってくる


色を失う冬の前に

混じりあう色の美しさ

心に映して

静かに眺めよう

d0060425_07321645.jpg

〜11月11日、午前5時36分、しし座で下弦の月を迎えます〜

下弦の月は、さそり座の太陽としし座の月のスクエア(90度)。

さそりも、ししも不動宮に分類されます。
不動宮は、継続することが得意ですが、
ときにこだわりや執着にもなります。

さそりは人に対するこだわり、
ししは自分のこだわり。

誰かに深い思いをよせたり、
誰かととことん関わるとき、
自分のこだわりをどう扱っていくか、
そんなことが問われそうです。


一方、金星、木星は重なり、さそり座にあります。

深い意識にある愛情、心の隠れた場所にある想い、
優しい温もりを思いだしそうです。

そして、いて座土星とおひつじ座天王星のトライン(120度)は、
今日あたりをピークにし、だんだんと離れていきます。

改革をしながら固める、
挑戦と変革の炎を上げて未来に進む、

変化の連続のなかに、
いよいよ新しい方向が明確になりそうな、そんなタイミングです

〜11月18日、さそり座て新月を迎えます〜

来週には新月を迎えます。
いよいよ底からの変容を促す、さそり座新月です。

2017年の変化を仕上げ、さらなる次の
波に乗る、
そんな流れに乗っています。

星のメッセージやヒーリングをテーマにした、
もうひとつのブログで、

セッションのご案内などもしています。
良かったら覗いてみてください。






[PR]
by astroaroma | 2017-11-11 07:21