いて座で迎える上弦の月

一歩が出たら、

次の景色が見え始めてくる

もう一歩が出たら、

また次の方向が示される


情熱の炎が燃えているなら

まだ止まらずに歩いて行こう


ときには周りの景色を楽しんだり

誰かと出会ってちょっと横道にそれたり

小さな道草をしたくなるけど


自分の前を照らしてくれる

ハートに燃える炎を忘れずに

光の方向にしっかりと歩いて行こう


d0060425_08553512.jpg



~8月29日、17時13分、いて座で上弦の月を迎えます~


8月22日にしし座で迎えたパワフルな日食の新月。
新しいサイクルをスタートして、今日は上弦の月を迎えます。

この新月からのサイクルは、
ハートを開いていく先に見えてくるもの、ハートから行動して体験して得るものが、
ステージを引き上げ、創造することへの信頼、喜びに導いていくことを
より強く感じていく流れです。



上弦の月のチャートですが、
おとめ座太陽といて座月のスクエア(90度)。

自分の願いを着実に現実にしていこうという歩みと、
あれもしたい、これもしたいという気持ちが葛藤する時期です。

おとめ座に水星、太陽が移ったとは言え、
水星も逆行中で9月上旬にしし座に一時帰宅しますし、
しし座に金星・火星、いて座に月・土星、おひつじ座に天王星と
火の星座に5つの星があります。


スタートの勢い、情熱・勇気の衝動の炎は、まだしばらく燃えています。

他者からのアドバイスや仕事を通して、自分の役割ややるべき方向を
認識していくときですが、
それとは別に楽しい話やお誘い、たくさんのやりたいことがやってくる
ときです。
遊びたいけど宿題やらなきゃみたいな、感じでしょうか。

自分が情熱を持って取り組み、着実に積み上げていきたいことをついつい
差し置いて、楽しいことを優先してしまい、計画が遅れるということが
あるかもしれません。

おひつじ座天王星に、しし座の火星がトライン(120度)を作っていき、
突破力もあるときですし、
てんびん座の木星といて座の土星がセクスタイルで、
社会の中での自分の立ち位置を根付かせてくれるサポートもありますので、
計画は計画としてしっかり遂行していくとよいでしょう。

目標として持続して取り組むことと、遊びを謳歌することのメリハリをつけ、
自分の中で区別してやっていくことが大切なタイミングです。


葛藤の多い時期ですが、どんなときにも、

・自分のハートが何を望んでいるのか
・他者から言われたことで自分軸がずれていないか


を基準に、自分の行動を選択していくと、満月以降の、
より明確に願いを具現化する流れ、
に乗っていきます。


~満月は、9月6日、うお座で起こります~


今、ハートに燃える炎の照らす道を皆さんが歩き始めています。
一歩一歩、踏みしめて、その力強さを自分にチャージしていきましょう。

************


※星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログで、
セッションのご案内などもしています。
  良かったら覗いてみてください。



[PR]
by astroaroma | 2017-08-29 16:23