さそり座で迎える上弦の月

自分の中心には何がある?       

確かなものなのに

目でみることはできない    

触ることもできない         d0060425_21433068.jpg

  

でも感じることはできる


自分の中にあるのに

怖さもあって覗けないもの

あることすら忘れてしまうのに

でもそれは突然、浮かんでくる


そんなとき、その二つのものは

共鳴し合う


光と影のようなのに

やがて影は光に溶けて


そうすると、自分の中心は

もっと大きな確かな輝きになる





~7月31日、00時23分、さそり座で上弦の月を迎えます~


7月も今日が最終日です。

23日に、ハートからほとばしる情熱を燃やし進む!!という
しし座カラー全開で始まった新月。


新月から、少しずつ、星の動きは変化しています。


26日に水星はしし座からおとめ座へ、
上弦の月を迎える31日、金星はふたご座からかに座へ。


しし座新月のチャートでは、火の星座に6星が集まり、
新たなスタートの勢いを感じさせましたが、少しずつ、星は
火から、地・水へと分散し始め、ややスローダウン。

いろいろな物ごとについても、やってきたことを見直したり、
細かいところまで確認するなど、じっくり取り組む状況に
なってきます。



しし座新月のサイクルは、
自分の中心、自分の軸を確認しながら、自己を表現し、
ハートから望む人生を情熱を持って創造することがテーマ
です。

そんな中で迎える上弦の月は、
新月同様、太陽と共に至近にある火星と、さそり座の月のスクエア(90度)。

自分の夢の実現に向けて、情報収集や技術の習得、仕事の始動など、
精力的に学び、進む時期ですが、
自分の置かれている環境や始めたことに対しての微調整、生活全般や
体調管理も含めた見直しにフォーカスするタイミングです。

熱意や勇敢さだけでは進めないことが出てきたとき、自分自身の感情や
深い意識と向き合う必要が出てくるかもしれません。


やりたいことが思うように進まないとき、潜在意識や過去の体験が、
ブロックになっていることに気づくことも。
逆に言えば、その一つ一つを受けとめていくことで自分が癒えると、
深い部分からの大きな変容が起こり、ステージアップしていきます。

この時期、他者とのコミュニケーションが、
オリジナルなアイデアを産み出すきっかけになったり、
趣味や遊び、スポーツを楽しむことが、心身を軽やかに回復させ、
仕事のモチベーションをあげてくれるでしょう。

8月に入ると、いよいよ8日に部分月食、22日に皆既日食を迎えます。

さらなる挑戦、新たな取り組み、ステージアップへと、変化の波は
大きくなっていきます。

さそり座上弦の月のタイミングは、自分の内面と向き合うチャンスです。
うまく進まないことや感情の波が訪れたら、しっかり見てケアしていって
くださいね。
それがこれからの大きな波に乗る前の準備に必要です。


~8月8日、みずがめ座で満月が起こります~


**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログで、
  セッションのご案内などもしています。
  良かったら覗いてみてください。




[PR]
by astroaroma | 2017-07-30 08:08

アストロロジカル・アロマセラピー