てんびん座の満月



月の光が届く 満月の日に探し物をしよう

大切なもの けれど何だか分からない

もしかしたら 生まれる前には覚えていたのに

忘れてしまったもの


満月のひかりは 魔法のひかり

見つけた宝物は わたしのかけら

出逢いたかった 私の輝き




d0060425_10501144.jpg


~4月11日、15時08分、てんびん座で満月が起こります~

3月28日、おひつじ座で新月を迎え、月は大きく膨らみ、てんびん座で満月を迎えます。

今年春分の日を通過する前後の大きなエネルギーの流れの後に迎えた、
「生まれ落ちた純粋な魂」の象徴であるおひつじ座の新月。
2月~3月にかけての浄化と統合の流れから、新たな旅立ちとなった新月を経て、
大きくご自身が変容したと感じている方も少なくないと思います。

この流れを受けて、スタートしたおひつじ座の新月からは、
自分の魂から湧きあがる感情に伴い、在りたい姿、大切にしたいもの、進みたい方向
などが、より鮮明に意識に上ってきている方も多いのではないかと思います。

今月に入り、重なる天体の逆行も、必要の無いものをそぎ落とし、
新しい自分の純度をより高くするための純化作用
なのではないかと思えてきます。

今回の満月:向かい合うおひつじ座の太陽とてんびん座の月は、
純粋に自分らしくありたい自分と、対面にいる他者との関係を示しています。
てんびん座の月のとなりに、木星が大きな優しい光で見守っているようにいるのが
印象的です。

また、6日に逆行を始めた土星と、うお座をが逆行している金星はスクエア(90度)。
土星の逆行は、一つの意味としては、自分の築き上げてきた土台を修正したり、
作り直すことを象徴します。
金星は愛情や人間関係。
金星は今週末(15日)には、順行に戻るのですが、順行に戻った後も再び土星と
スクエアになります。

つまり、今週から来週にかけて、逆行中の土星とスクエアの関係を行き来するわけです。
スクエア(90度)は、次元を超えるほどの大きな変革パワーを持つ角度と言われます。
自分の基盤の手直しが、人間関係を伴って行われていくときなのではないかと思います。
人間関係というテーマは、上記の今回の満月のテーマと二重に重なります。

純度の高い自分として、言い換えれば純粋な魂として生きることをスタートしていくと、
人間関係も変わっていきます。

もし、これまで他者の期待に応える生き方をしてきたけれど、純粋な自分の衝動、情熱
を生きたい、ハートから願う生き方をしたい、というように自分の意識が変わったなら、
自分の感じること、目の向くもの、行動、周囲の人間関係も変容します。

そういう自分で生きていくとき、これまで一緒にいた友人や、親しくしていた人々が
去っていく、あるいは疎遠となったり、連絡がとれなくなる、
ということが起こるかもしれません。
一方で、新しい出会いがあったり、同じ意識を持つ人たちと巡り合う、というような
新しい縁が広がっていきます。
自分の意識の変容にともなう、新しい世界がやってくるのです。

土星の逆行は8月下旬まで続きます。
金星とスクエア関係にあるこの2週間は、自分の基盤整備をするきっかけとなることが
起きやすいでしょう。
ちょうど満月から次の新月に向かう時期とも重なります。

自分は今、どんな感情を感じている?
自分がわくわくすること、心が求めることは何だろう?
どんな自分として生きていきたい?
自分の気持ちを最優先にしている?
他者との関係で無理を感じていることはある?
どんな人と大切な関係を築いていきたい?


そんな問いかけをしながら、自分のハートの中を見渡してみましょう。
満月はふだん見えないところにも光を照らします。

他者との関係は、鏡に映る自分と関係。
良く見えていなかった自分の心の中、最大のパートナーである自分自身と
ゆっくり語り合うとよいかもしれません。

満月の光のなか、素敵なあなた自身を見つけてくださいね。


~下弦の月は、4月19日にやぎ座で迎えます~


173.pngもうひとつのブログで、星やヒーリングのお話、セッションのご案内をしています。
よかったらご覧ください169.png








[PR]
by astroaroma | 2017-04-11 11:11