おひつじ座の新月

    d0060425_23193111.jpg

花曇りの空の下     
ひとひらの桜

風に惑わされ
あちらこちらと
行くところは定まらず

はらはらと舞い
アスファルトに降り

拾う手をすり抜けて
また踊る

薄日の射した川沿いの道
花びらを追いかけて

出会った桜並木

さくらさくら
世界を染めるさくら色



~3月28日11時57分、おひつじ座で新月が起こります~

宇宙新年と呼ばれる春分の日を過ぎて、最初に迎えるおひつじ座の新月です。

新月の星空は、おひつじ座に5天体(金星・月・太陽・天王星・水星)と賑やかで、
やぎ座に木星、てんびん座に土星、と、まだまだ活動宮に集中しており、
スタートの勢いは続いているようです。

4月1日には、おうし座に水星が動き、おひつじ座を逆行中の金星は3日にうお座に
入り、少しずつおひつじ座の勢いがスローダウンしていきます。
春分の日前後から、勢いをつけて走ってきた方も少し息を整える時間になります。

とは言いながら、4月に入ると、2月に逆行を始めていた木星、3月から逆行の金星に
加えて、4月6日に土星、10日に水星、20日に冥王星・・・と、次々と天体が逆行を
始めます。

逆行のときは、その天体の持つ性質がストレートに出にくくなり、その星が象徴するテーマが
遅れたり、止まったり、潜在化したり、後退したりという現象が起こると言われています。
ものごとがストレートではなく、寄り道あるいは迂回しながら進むような感じでしょうか。
予想通りに進まないことがおきてくることかもしれませんが、思いがけない道を辿りながらの
発見もたくさんありそうです。
少々複雑になりそうですが、取り戻せるもの、帰ってくるものもあるかもしれません。


さて、おひつじ座の新月に話を戻しましょう。
おひつじ座は12星座の始まりの星座。
この世界に生まれ落ちた純粋な魂、と表現されます。
ただ「在る」ということ、「私が私である」こと。
そこには小難しい理由は介在しません。

おひつじ座は、
始まり、純粋さ、率直、開拓、熱意、衝動、勇気、自己、本能、肉体、自立
などを支配します。

<今回の新月のテーマ>
*何かを始めるエネルギーを高める
*自分の内なる輝きと喜びを信頼する
*自分らしくある
*勇気をもって取り組む
*純粋な衝動に気づく

本来の自分、自己発見、自分であるための原点をおひつじ座の新月は
思い出させてくれますよ。


それでは最後に
 ・願いごとは2つ以上9つまで。
 ・48時間以内に(8時間以内はもっともパワフル)
 ・叶うと信じて書くこと
 3月29日21時08分~0時49分まではボイドタイム(ミスが起きやすい時間)と言われています。
願いごとを書くのは、この時間を避けるか、書いたことを見直してみましょう。

新月の願いごとは初めて!と言う方に・・・こちらをごらんください。

~4月4日、上弦の月をかに座で迎えます~

**星のメッセージやヒーリングをテーマにした、もうひとつのブログを始めました。
  セッションのご案内などもしています。良かったら覗いてみてください。

[PR]
by astroaroma | 2017-03-27 23:31

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma