おとめ座の満月

菜の花の向こう
霞んだまるい太陽

うす桃色に
染まる大地

はしゃいで駆ける
子どもたち

春の野花を摘むにおい

時間を走る電車に乗って
窓から眺める過ぎし日々

まだ冷たい風に
抱きしめた自分の鼓動を
確かめる

d0060425_18291380.jpg

~3月12日23時52分、乙女座で満月を迎えます~

2月26日のうお座新月から、月は少しずつ膨らんで迎える、乙女座の満月。
向かい合ったうお座の太陽と乙女座の月は、私たちにどんなメッセージを運んでくれるのでしょうか。

混沌、夢、浄化、想像、統合、をテーマとするうお座、
分析、整理、自己鍛錬、奉仕、のおとめ座。
夢想の世界をイメージさせるうお座の世界と、現実に役立ち利をもたらすおとめ座の世界。
2つの星座は違う世界観を持ちますが、
癒しやケアすること、自己犠牲と他者奉仕、などの共通のテーマを持っています。

うお座新月から膨らんできた、
夢やイマジネーション、混沌と吹き出てきた問題や感情、自他への許しや癒し、体験から感じた様々な感情、
そのようなものを、乙女座の満月には改めて取り出し、整理してみましょう。
おとめ座は、課題を現実的に解決する方法や、実際に役に立つアイデアをたくさん提供してくれるでしょう。

満月は闇を明るく照らし、良く見える状況。
今の状況を見渡して、軌道修正や方向を見直すにはグッドタイミングです。

ほかの星の動きですが、うお座水星と、いて座土星がスクエア(90度)。
うお座水星は、言葉で表現できないコミュニュケーションや情報を得意とします。
楽などの芸術やファンタジー、スピリチュアルな世界観、夢、直観、日常的には使わないようなツールが
既成概念を壊し、視野を広げてくれたり、未知の世界に飛び出すきっかけになります。
占星言語(星のことば)も、その中の一つです。
この時期の星から受け取れるメッセージにもぜひ耳を傾けてみてください。

2月中から一緒におひつじ座を運行していた金星と火星ですが、
金星は3月4日から逆行を開始し、火星は進んで、3月10日におうし座に。
2つの星は、違う道を歩んでいますが、ミューチュアルリセプションの関係にあります。
(おひつじ座の支配星である火星はおうし座、おうし座の支配星である金星はおひつじ座で、
互いの支配星を交換している関係)
違う道を進みながらも、お互いのエネルギー交換をしている、という面白い関係です。
2星がおひつじ座を運行しているときよりも、そのぶん、深みが増すように思われます。
別れてもお互いを思ったり、有益な情報交換のできる間柄でいるような恋愛や人間関係、
思いだけで走ってきたことをじっくりと取り組みなおす、でも情熱は燃え続ける・・・
そんな展開があるかもしれませんね。

来週14日には水星がおひつじ座に移り、20日に太陽がおひつじ座に移動する春分の日に、
占星術のなかの新年ー新しい1年のサイクルが始まります。

翌日21日、下弦の月はやぎ座で迎えます。

さあ、動き出す季節は間近です。016.gif




[PR]
by astroaroma | 2017-03-12 16:27

アストロロジカル・アロマセラピー


by astroaroma