9月17日月食ーうお座の満月

雨上がりに心が開いていくように
青空に眼差しが輝いていくように
あなたの笑顔がまわりの世界を鮮やかにしていく

ざあざあ降る雨のように溢れるなみだ
強い風に揺さぶられる小枝のような心細さ
けれど、誰かが気づいたら
勇気が淡い明かりになって灯る

目を閉じて
胸の音に耳を澄ますと

不思議だね
あなたとわたしの世界は同じところにあり
いつのまにか一人はみんなになっていたんだ


~9月17日、午前4時05分、うお座で満月を迎えます~


今回迎える満月は、今年3回目に起こる半影月食
月食は満月のハイパワーバージョンで、エネルギーも大きいと言われています。

うお座の月ーおとめ座の太陽」が向かい合わせで起こる月食は、
浄化と癒し、自己犠牲と奉仕、祈り―そんなテーマを内包しているように思います。
おとめ座は、12星座を人の成長にたとえたとき、社会的な成長に向かい、
個人の成長の最終段階を仕上げる星座であり、
うお座は社会的な成長を遂げ、すべてを無に帰していく最後の段階を司る星座です。
そして、この2つの星座のテーマは表裏一体です。
自分を癒すことが世界を癒すことにつながり、個人が苦悩や悲しみを手放し浄化
されていくことにより、社会に光が広がる
のだろうと思います。

この日の星の配置は、満月(うお座の月、乙女座の太陽)といて座の火星がTスクエア
(90度)、いて座火星とおひつじ座の天王星が120度の調和角、
9月11日ごろにピークを過ぎましたが、いて座土星とうお座海王星が90度、です。
8月下旬から続いていた柔軟宮(おとめ座、うお座、いて座)に固まっていた星たちも
ばらけてきて、ぐるぐる着地点の無い悩みに振り回されていたこと、解決しない問題
などに、そろそろ方向性が見えてきそうです。
火星は、新たな視点を外に向け打開しようとしていきますし、おひつじ座の天王星が
がんっと刺激を送っていますから勢いもあります。何か斬新な突破口が見つかるかも
しれません。

体調がすぐれないすっきりしない方も多い時期だったのではと思いますが、来週22日には
逆行していた水星も抜け、23日には太陽が天秤座に移動、と星も動いていきます。
水星逆行中は物事の進みが遅くなりますし、体調を崩すことも多いですが、来週後半から
徐々にそれを抜け、物事の展開も変わっていきますよ。


月食の満月を迎え、意識したいことは

*自分の中のもやもやに目を向け、それがなんであるかを感じ、クリアにする
*嫌な感情を感じても、自分を責めず、気づいた自分を褒めて、愛を送る
 「えらかったネ!」「がんばったね」「よしよし」「すべてはうまく進んでいるよ」
*自分の内側を十分感じたら、外側で起こっていることの変化を観察してみる
「あれ?こんなにスムースに進んじゃった」「わあ、なんだかいいこと引き寄せたよ!」


あなたの創る笑顔、あなたに起こる素晴らしいミラクルがいつのまにか世界に広がります。
誰かの笑顔、誰かの奇跡に出会ったら・・・あなたにもそれが近づいています。

満月に祈りと愛を込めて。




[PR]
by astroaroma | 2016-09-16 04:05

アストロロジカル・アロマセラピー